HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
ランチ食べに行こうか?
人を誘うときに最も使われる英語は「Do you wanna ~?(~しようか?)」です。例えば「Do you wanna go shopping?(買い物行かない?)」、「Do you wanna see a movie?(映画を観ようか?)」など。いきなり「Let's(しようよ)」と言うとちょっと一方的な感じがします。「Do you wanna」は「Let's」と違って質問なので相手の意見も大切にしている感じです。そして、質問なので「Let's」には付けられない「what/where/who」なども使えます。例えば「What do you wanna do?(何をしようか?)」、「Where do you wanna go?(どこ行こうか?)」、「What time do you wanna meet?(何時に待ち合わせしようか?)」など。
またファストフードかよ!
「また~かよ!」は「Not ~ again!」と言います。例えば「Not curry again!(またカレーかよ)」、「Not you again!(またお前かよ)」、「Not rain again!(また雨かよ)」など。
もう会社に戻った方がいいね。
「We'd better」は「We had better ~(~した方がいい)」の略です。「had」を「'd」にする場合もあるし「We better」と「'd」もない場合もあります。例えば「I 'd better go home.(もう帰った方がいいな)」など。「had better」を人に対して使うと結構強い言い方です。「~しなきゃダメだよ」、「~しちゃダメだよ」のような感じです。例えば「You'd better come.(来ないとダメだよ)」、「You better not forget.(忘れちゃダメだよ)」など。「get back to work」は外出していて実際に「会社に戻る」という意味でも使うし、仕事場にいてサボっている人に対して「Get back to work.(仕事に戻りなさい)」という意味でも使います。
今日残業しなきゃいけない。
「I have to ~」は「~をしなきゃいけない」という意味です。ちなみに「I don't have to ~」は「~しなくてもいい」という意味です。そして、「残業する」は英語では「do overtime」と言います。よく聞く間違い英語は「overwork」ですが、それは「過労」という意味なのでおかしいです。例えば「I did overtime last night.(昨日残業した)」、「I don't mind doing overtime.(残業するのは嫌いじゃない)」、「I've been doing overtime everyday.(最近毎日残業している)」など。「do」と「overtime」の間に「何時間」を入れることもできます。例えば「I did 6 hours overtime.(6時間も残業した)」など。
今日残業なければいいのに。
「I don't have to do overtime.」は「残業しなくてもいい」という文章です。「I hope」は「~だといいな」という期待している英語ですが「I wish」は「こうだったらいいのになぁ、でもそうじゃないと分かっている」という残念がる気持ちを表す英語です。英語では実際じゃない話、仮の話、をするときは、過去のことじゃないのに過去形にしますので「I wish」の後の文章は必ず過去形になります。例えば「I hope he is rich.(彼はお金持ちだといいな[お金持ちかもしれない・期待している])」、「I wish he was rich.(彼はお金持ちだったらいいのになぁ[お金持ちではないことを知っている・残念がっている])」など。「I don't have to do overtime tonight.(今日残業しなくていいんだ)」を過去形にして「I wish」に付けると「I wish I didn't have to do overtime tonight.(今日残業しなくてもいいならいいのになぁ[実際はしなきゃいけない・残念がっている])」という文章になります。
どっかいいビアガーデン知らない?
「どっかいい~知っている?」は「Do you know any good ~?」と言います。例えば「Do you know any good bars?(どっかいいバー知らない?)」、「Do you know any good web designers?(誰かいいウェブデザイナー知らない?)」など。もう1つ近い言い方は「Do you anywhere +形容詞?」です。例えば「Do you know anywhere cheap?(どっか安い所知らない?)」、「Do you anywhere romantic?(どっかラマンチックな所知らない?)」など。形容詞は普通名詞の前に付くが、「something/ anything/ somewhere/ anywhere」などの後に付きます。
今日は接待だ。
「お客さんを接待する」は「entertain clients」と言います。例えば「I have to entertain clients a lot.(よく接待をしなきゃいけない)」、「I don't like entertaining clients.(接待するのが好きじゃない)」など。こうやって未来のこと進行形で言うのはよくあることで、「既にその予定が決まっている」ニュアンスになります。例えば「I'm working tomorrow.(明日仕事だ)」、「I'm turning 30 next year.(来年30歳になる)」など。近い未来か遠い未来かはまったく関係ありません。
六本木ヒルズにいい店がある。
「There be」は「~がある」という意味です。例えば「There is a good bar here.(ここにはいいバーがある)」、「Is there a bank near here?(この近くに銀行はありますか?)」、「There are a lot of people.(人がたくさんいる)」など。お店を「place」と言うことが多いです。例えば「I know a good ramen place.(いいラーメン屋知っているよ)」、「What kind of place is it?(どんな店なの?)」など。
リラックスして楽しめばいい。
「relax」は「リラックスする」、「have fun」は「楽しむ」という意味です。動詞を2つくっつけるのには「and」を使います。日本語の場合は「~て」の形にします。例えば「I'm gonna go home and go to bed.(帰って寝ます)」、「I'm gonna finish this and go home.(これを終わらせて帰る)」など。「just」は元々「~だけ」という意味ですが「~するだけでいい」、「~すればいい」という意味でも使います。例えば「Just add hot water.(お湯を入れるだけでいい)」、「Just tell her how you feel.(彼女に自分の気持ちを伝えればいい)」など。
何を飲みますか?
「would you like to ~?」は「do you want to ~?(~したい?・~しようか?)」の丁寧な言い方です。たとえば「Do you wanna have dinner?(夕飯食べない?)」、「Would you like to have dinner?(一緒に夕飯を食べませんか?)」、「What do you wanna do?(どうしようか?)」、「What would you like to do?(どうしましょうか?)」、「What do you wanna eat?(何食べる?)」、「What would you like to eat?(何を食べましょうか?)」など。「do you want to ~?」も「would you like to ~?」も同じ簡単な使い方で、動詞の原型やwhat/where/whenなどを付けるだけです。
ページTOP