HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
シドニーで育った。
「grow up」は「大人になる」、「育つ」という意味です。たとえば「Grow up!(大人になりなさい)」、「What do you wanna be when you grow up?(大きくなったら何になりたいの?)」、「Where did you grow up?(どこで育ったの?)」など。
私たちは幼馴染です。
「grow up」は「大人になる」、「育つ」という意味です。「We grew up together.」の直訳は「一緒に育った」ですが、同じ家で育ったわけではなくて「幼馴染だ」という意味の表現です。「We are childhood friends.」も正解ですが「We grew up together.」の方が自然な言い方です。
背が伸びたね。
「grow up」は「育つ」、「(精神的に)大人になる」という意味ですが「grow」は「(体が)大きくなる」という意味です。子供の頃に久しぶりに親戚に会ったりすると「You've grown.(大きくなったね)」と言われます。他にも「I wanna grow more.(もっと背が高くなりたい)」、「I'm still growing.(背がまだ伸びている)」、「I stopped growing.(身長の伸びが止まった)」など。ちなみに、これからも伸び続けるであろうということで「You’ve grown.」と完了形で言います。完了形は「まだ続いている」ニュアンスです。
(最初は違ったけど)いいと思えてきた。
「grow on 人」は「最初はよく思ってなかったことがよく思えてくる」という意味で使います。直訳は「自分の中で大きくなる」です。たとえば「She's growing on me.(彼女のことがいいなと思い始めた)」、「It'll grow on you.(時間が経てばきっと好きになるよ)」など。
毎日呑みに行くのを卒業した。
「grow out of ~」は「成長して~しなくなる」という意味で、日本語の「~を卒業した」という意味で使います。日本語が「卒業する」だからといって「graduate」を使わないようにしましょう。「I graduated going drinking.」と言ってしまうと「酒飲み学校を卒業した」という変な意味になります。たとえば「I grew out of picking up girls.(ナンパするのを卒業した)」、「I grew out of lying to my parents.(親に嘘つくのを卒業した)」など。
君はきっとお腹が空いているでしょう。
「しなくてはいけない」は「must」よりは「have to」を使う方が一般的です。「must」は「~に違いない」、「きっと~だろう」、「~なんじゃない?」という意味でよく使います。「must」に動詞の原型が続くので簡単です。他にも「He must know.(彼はきっと知っているでしょう)」、「She must live nearby.(彼女は近くに住んでるんじゃない?)」、「He must be busy.(彼はきっと忙しいよ)」など。元々現在形で言う文は「must+動詞の原型」ですが、元々進行形で言う文は「must+be ~ing」と進行形のままです。たとえば「He must be working.(今仕事中なんじゃない?)」、「They must be dating.(きっと付き合っているよ)」、「You must be joking.(冗談でしょう!)」など。
彼は知らないんじゃない?
「must」は「~に違いない」、「きっと~でしょう」、「~なんじゃない?」という意味です。その否定文は「mustn’t」ですが、「マスント」と最初の「t」を発音しません。最後の「t」は発音してもいいけど、それも会話では発音しないことが多いです。「マスン」のような発音です。元々現在形で言う文は「mustn’t+動詞の原型」ですが、元々進行形で言う文は「mustn’t+ be ~ing」と進行形のままです。たとえば「He mustn’t work.(普段、働いてないんじゃない?)」、「He mustn’t be working.(今は仕事中じゃないんじゃない?)」、「They mustn’t live in Tokyo.(東京には住んでないんじゃない?)」、「They mustn’t be getting along.(彼らはうまくいってないんじゃない?)」など。
彼はきっと帰ったんじゃない?
「must」は「〜に違いない」、「きっと〜だろう」、「~なんじゃない?」という意味です。過去の「〜だったに違いない」、「きっと〜だっただろう」、「~だったんじゃない?」なら「must've +過去分詞」を使います。発音は「マステゥヴ」です。たとえば「She must’ve found out.(きっと彼女にバレたんだよ)」、「You must’ve studied hard.(君はいっぱい勉強したでしょうね)」、「That must’ve been expensive.(きっと高かったでしょう)」、「He must’ve quit.(きっと辞めたでしょう)」など。
彼らはきっと行かなかったんじゃない?
「must’ve +過去分詞」は「~だったに違いない」、「きっと~だったでしょう」、「~だったんじゃない?」という意味です。その否定文の「mustn’t have +過去分詞」なら「~じゃなかったに違いない」、「きっと~じゃなかったでしょう」、「~じゃなかったんじゃない?」という意味です。最初の「t」は絶対に発音しないもので、2つ目の「t」も発音しないことが多くて「マスヌヴ」という発音です。たとえば「He mustn’t have known.(彼はきっと知らなかったんだよ)」、「She mustn’t have gotten the job.(採用されなかったんじゃない?)」、「They mustn’t have come.(彼らは来なかったんじゃない?)」、「He mustn’t have been hungry.(きっとお腹が空いてなかったんだよ)」など。
自業自得だ。
「bring it on oneself」は「自業自得だ」という意味の決まり文句です。「oneself」を主語に合わせて「myself / yourself / himself / herself / themselves」などを使い分けます。たとえば「I brought it on myself.」、「He brought it on himself.」、「She brought it on herself.」、「They brought it on themselves.」、「We brought it on ourselves.」など。
ページTOP