HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
冬休みの間、食べ過ぎしゃった。
「binge(ビンジ)」は「暴食する」又は「暴飲する」という意味の動詞です。「やけ食い」というニュアンスで使うこともあります。お正月休みで食べ過ぎたことを「I binged over the winter break.」で言いましょう。そして「binge on ~」という使い方もできます。たとえば「I binged on fast food.(ファストフードを暴食した)」、「I binged on ice cream after I broke up.(別れた後アイスをやけ食いした)」など。
「24」を一気見しちゃった。
「binge(ビンジ)」は「暴食する」、「暴飲する」という意味の動詞です。そして「watch」とくっつけて「binge-watch(一気見する)」、「read」とくっつけて「binge-read(一気読みする)」という英語もあります。たとえば「I binge-watched Season 2.(シーズン2を一気見した)」、「I’ve been binge-watching Hulu.(最近Huluを観まくっている)」、「I binge-read Terraformers.(テラフォーマーズを一気読みした)」など。
バズった。
SNSでたくさんの人にシェアされて投稿が「バズる」と日本語で言いますが、英語では「go viral」と言います。「viral(ヴァイラル)」は「virus(ヴァイラス)(日本語ではウィルス)」という名詞の形容詞形です。ウィルスのように広まるというイメージです。日本語でも「ヴァイラルマーケティング」などで使う「viral」ですね。たとえば「His post went viral.(彼の投稿がバズった)」、「I hope it goes viral.(バズったらいいな)」など。
(男女の話で)手が早いね!
好きな人ができたらすぐに行動する人、いつの間にデートしている人にこう言います。直訳は「君は時間を一切無駄にしないね」ですが、「手が早い!」の決まり文句ですね。他にも「You move fast!」という言い方もあります。ちなみに「waste ~(~を無駄にする)の他の例文として「Don’t waste water.(水を無駄にしないで)」、「I wasted money.(お金を無駄にした)」、「Don’t waste this chance!(このチャンスを無駄にしないで)」など。
税関を通るのが大変だった。
「It was hell.(地獄だった)」は「大変だった」の大げさな言い方です。そして「get through customs」は「税関を通る」という意味です。英語では、文の最後に「動詞のing」を付け足すことができます。たとえば「I'm busy.」に「working」を付け足して「I'm busy working.(働いていて忙しい)、「He came home.」に「crying」を付けて「He came home crying.(彼は泣きながら帰ってきた)」、「I cut my finger.」に「cooking」を付け足して「I cut my finger cooking.(料理をしていたら指を切っちゃった)」など。今回のフレーズは「It was hell.」という文に「getting through customs」と動詞のingを付け足していますね。
運転している姿がかっこいい。
「You look good.」は「かわいい・かっこいい」という意味の完結している文です。英語では、完結している文の最後に「動詞のing」を付け足す便利な応用ができます。今回のフレーズは「You look good.」に「driving」を付け足して「運転している姿がかっこいい」という応用です。他にも「You look good working.(働いてる姿がかっこいい)」、「You look good sleeping.(寝顔がかわいい)」など。
寝ぼけている。
「asleep」は「眠っている」という意味の形容詞で、「half asleep」は「半分眠っている」ということになりますね。「寝ぼけている」は英語でこう言います。書き方は「half asleep」でも「half-asleep」でも正解です。たとえば「I’m still half asleep.(まだ寝ぼけている)」、「You look half asleep.(寝ぼけてそうだね)」など。
出過ぎたまねをして申し訳ありません。
「I’m sorry」の1番一般的な使い方は「I’m sorry +文」という形です。たとえば「I’m sorry I’m late.(遅刻してすみません)」、「I’m sorry I didn’t tell you.(伝えてなくてすみません)」など。そして、「I was out of line.」は「出過ぎた真似をした」という意味の決まり文句です。他にも「You’re out of line.(出過ぎたまねをしているぞ)」など。
完治しました。
「治った」は「I’m better.」と言いますが、「all」を入れるだけで「完治した」という意味になります。「治ったの?」も「Are you better?」と言いますが、これも「all」を入れて「Are you all better?(完治したの?)」になります。
(電話で)Daveに代わって。
以外と知られてない簡単な英語です。「電話を人に代わる」は「put 人 on the phone」ですが、「the phone」を省略して「put 人 on」とだけ言うのが一般的です。そして「もう1回Daveに代わって」なら「back」を入れて「Put Dave back on.」と言います。たとえば「Can you put your mother on?(お母さんに代わってくれる?)」、「Do you want me to put Dave back on?(もう1回Daveに代わろうか?)」など。
ページTOP