• 英会話教室
  • 企業向け英会話レッスン
  • 大好評!1日1フレーズ配信無料メルマガ
  • 書籍教材紹介

englishLifeメソッドの魅力・他のスクールや教材との違い

400本以上の映画やドラマの台本に基づいた本当の英語

多くの英会話スクールや教材は「自然な英語」や「生きた英語」とうたっていますが、それは残念ながら大抵の場合、キャッチコピーに過ぎません。 スクールに関して言うと、ネイティブスピーカーと何となく英語で話すだけの授業のことであったり、 …

→詳しくはこちら

日本語をゼロから完璧にマスターした講師

特に初心者・中級者であれば、バイリンガルの講師をおすすめします。英語自体がまだわからない初心者時代に、その英語の説明を英語でされては、もっと分からないのも当然です。分からないことを日本語で説明してもらえれば瞬時に理解できることが …

→詳しくはこちら

脳の言語を憶えるメカニズムに沿った勉強方法

englishLifeのカリキュラム・勉強法を開発したNic Williamsonは大学で認知心理学・神経心理学を勉強して、言語を憶えるメカニズム、脳がどのように学習するかを勉強していました。そこで学んだことをenglishLifeのメソッドに取り入れて …

→詳しくはこちら

最新1フレーズ英会話

2018-05-19
物事が手に負えなくなった。「get out of hand」は「手に負えなくなる」、「エスカレートする」という意味の熟語です。主語は大体「Things(物事)」を使います。 たとえば 「What if things get out of hand?(手に負えなくなったらどうしよう)」、 「Call me if things get out of hand.(手に負えなくなったら電話して)」、 「Things are getting out of hand.(手に負えなくなってきた)」など。
2018-05-19
学生時代に出会った。「when I was a college student」は長くてより不自然な言い方で、 「when I was in college」の方が自然ですが、 「in college」だけで言うのが1番簡単で1番自然です。 「高校生の時」も「in high school」が1番いいですね。 たとえば 「I played tennis in college.(学生時代はテニスをやっていた)」、 「I was really shy in high school.(高校生の時はすごくシャイだった)」など。 「in college」は学生時代のことで、大学という場所なら「at college」です。 同じように「in high school」は高校生の時で、高校という場所なら「at high school」です。 たとえば「I met my husband in college.(学生時代に主人と出会った)」と言われても、 同じ大学かどうか、彼は学生だったかどうかも分からないです。
2018-05-19
電池切れだ。「dead」は「死んでいる」という意味の形容詞です。直訳は「電池が死んでいる」ですが、「電池切れ」という意味です。これが最も一般的な言い方です。複数の乾電池なら「The batteries are dead.」ですが、単数の電池なら「The battery is dead.」になります。 他にも 「My phone died.(携帯が死んだ=携帯が電池切れになった)」という言い方もよくします。
2018-05-19
これは邪魔だ。「in the way」は「道の真ん中にあって道をふさいでいる」イメージで「邪魔だ」という意味です。 他にも 「You’re in the way.(邪魔だ)」、 「Am I in the way?(私は邪魔?)」など。 今現在は邪魔じゃないけど「これから邪魔しないで」なら 「Don’t get in the way.」と言います。 「be in the way」は「邪魔である」状態で「get in the way」は「邪魔になる」変化です。「be」は状態、「get」は変化ですね。 更に「in the way」の反対が「out of the way」で 「Get out of the way.(どいて)」という言い方もあります。
2018-05-12
上司が承認してくれたらいいな。「sign off on ~」は「承認する」という意味です。 たとえば 「He’s never going to sign off on it.(彼は絶対に承認しないだろう)」、 「He signed off on the design.(デザイン案を承認した)」、 「I need you to sign off on the new homepage.(新しいホームページの承認が必要です)」など。 「I hope +文」は「~だといいな」という表現です。未来のことを未来形にせずに現在形で言うのが一般的です。 たとえば 「I hope it doesn’t rain tomorrow.(明日は雨じゃないといいな)」、 「I hope he comes.(彼が来るといいな)」など。

1フレーズ英会話一覧を見る

イングリッシュライフでは「正しい英語」を身に付けられます。

english Life校長 Nic Williamson

いろいろな英会話学校に通ってみたけれど未だに英語が話せない...と言う方も多いのではないでしょうか。多くの日本人が何年も英語を学んだのに思うように英語が話せないのは「間違った英語」「日本語英語」を覚えてしまった、また学校での教わり方が誤っていたのが原因です。

englishLifeは、「正しい英語」を身に付けるために皆さんの「英語の生活(=english Life)」の一部となって、英会話を上達したい方の少しでもお役に立つことができればと考えています。
 このようなコンセプトのもとに、英語の言い回しを覚え、英語に慣れ親しんで頂くために「正しい英語」を1日1フレーズ配信するメールマガジン、また的確かつ効率的に英会話スキルの向上を応援する英会話レッスンを提供しております。