• 英会話教室
  • 企業向け英会話レッスン
  • 大好評!1日1フレーズ配信無料メルマガ
  • 書籍教材紹介

englishLifeメソッドの魅力・他のスクールや教材との違い

400本以上の映画やドラマの台本に基づいた本当の英語

多くの英会話スクールや教材は「自然な英語」や「生きた英語」とうたっていますが、それは残念ながら大抵の場合、キャッチコピーに過ぎません。 スクールに関して言うと、ネイティブスピーカーと何となく英語で話すだけの授業のことであったり、 …

→詳しくはこちら

日本語をゼロから完璧にマスターした講師

特に初心者・中級者であれば、バイリンガルの講師をおすすめします。英語自体がまだわからない初心者時代に、その英語の説明を英語でされては、もっと分からないのも当然です。分からないことを日本語で説明してもらえれば瞬時に理解できることが …

→詳しくはこちら

脳の言語を憶えるメカニズムに沿った勉強方法

englishLifeのカリキュラム・勉強法を開発したNic Williamsonは大学で認知心理学・神経心理学を勉強して、言語を憶えるメカニズム、脳がどのように学習するかを勉強していました。そこで学んだことをenglishLifeのメソッドに取り入れて …

→詳しくはこちら

最新1フレーズ英会話

2018-06-16
香港での乗り継ぎ時間が5時間もある。「飛行機を乗り換える」は「change planes」ですが、その飛行機と飛行機の間の待ち時間を「stopover」という名詞を使います。「香港で乗り継ぎがある」は 「I have a stopover in Hong Kong」と言います。そして「stopover」の前に「5-hour」、「2-day」などを入れます。 「5 hours」じゃないの?と思う人も多いでしょう。実は「5-hour」は形容詞です。名詞(stopover)の前に名詞(5 hours)を入れることができませんが、名詞の前に形容詞なら入れられます。「5時間」を形容詞にすると複数の「s」は付かなくて、ハイフンが入ります。こういうことはよくあります。 たとえば 「a 3-year-old child(3歳児)」、 「a thousand-dollar coat($1000のコート)」、 「a 10-minute video(10分の動画)」など。
2018-06-16
香港で乗り換えなきゃ。「飛行機を乗り換える」は「change planes」と言います。ここで大事なのは複数にすることです。乗り換えるということは飛行機が2機関係しているので複数にします。「change the plane」と言ってしまうと「その飛行機を変えてみせる」という意味になり、飛行機の大きさや色を変える感じです。電車の乗り換えも「change trains」と複数にします。 他にも 「I change trains at Yoyogi.(代々木乗換えです)」、 「Can I change seats with you?(席を換わってもらえますか?)」、 「I want to change jobs.(転職したい)」など。
2018-06-16
今、色んなことで忙しい。直訳は「お皿にたくさん載っている」と食べ物に例えている表現ですが、片づけなきゃいけない用事がいっぱいある、いろんなことで忙しい、という意味の表現です。 他にも 「I have too much on my plate already.(既に手がいっぱいで、これ以上は引き受けられない)」もあります。
2018-06-16
何の話をしていたっけ?話している時に邪魔が入ったりして話に戻るときに「で、何の話だったっけ?」と言うときは「Where were we?」と言います。直訳は「私たちはどこにいたっけ?」だからちょっと面白い表現ですがこう言います。 一人で語っていた場合は 「Where was I?」とも言います。 答えとしては 「We were talking about…」、 「You were telling me about…」などと、過去進行形で言います。
2018-06-09
それ、もう食べないの?「終わった」は「have finished」、「be finished」、「be done」と色んな言い方があります。日常会話ではよく「I’m done.(終わった)」と言います。 動詞のingを続けて 「I'm done packing.(荷造りが終わった)」など、 「with名詞」を続けて 「I’m done with school.(学校はもうない)」などと色々応用できます。 この「Are you done with that?」という言い方は「もう食べないならちょうだい」又は「もう食べないなら片付けていい?」というニュアンスで使います。

1フレーズ英会話一覧を見る

イングリッシュライフでは「正しい英語」を身に付けられます。

english Life校長 Nic Williamson

いろいろな英会話学校に通ってみたけれど未だに英語が話せない...と言う方も多いのではないでしょうか。多くの日本人が何年も英語を学んだのに思うように英語が話せないのは「間違った英語」「日本語英語」を覚えてしまった、また学校での教わり方が誤っていたのが原因です。

englishLifeは、「正しい英語」を身に付けるために皆さんの「英語の生活(=english Life)」の一部となって、英会話を上達したい方の少しでもお役に立つことができればと考えています。
 このようなコンセプトのもとに、英語の言い回しを覚え、英語に慣れ親しんで頂くために「正しい英語」を1日1フレーズ配信するメールマガジン、また的確かつ効率的に英会話スキルの向上を応援する英会話レッスンを提供しております。