HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
雨が降らないことを当てにしていた。
「~を当てにする」は「count on 名詞」と言います。たとえば「I’m counting on you.(君を当てにしている)」など。名詞の代わりに「動名詞」でも大丈夫です。動名詞は動詞のingですが、更に「not」を入れて否定のことも言ったり、人など(him / her / you / itなど)を入れて自分以外の人のことも言ったりすることもできます。たとえば「I’m counting on not getting transferred.(転勤にならないことを当てにしている)」、「I’m counting on him coming.(彼が来ることを当てにしている)」、「I’m counting on him not coming.(彼が来ないことを当てにしている)」など。天気の主語は「it」になります。
ビール頂戴。
これがかっこいいビールの頼み方です。「beer」はもちろん名詞ですが、ここでは動詞として使われています。正式な英語ではないのですが、口語体ではよく使います。他にも「Whiskey me.(ウィスキー頂戴)」などと応用できます。「milk」だけは気をつけましょう。「milk(牛などの乳を搾る)」という動詞が元々あって、「Milk me.」と言うとかなり変な意味になります。
大体はそうだよ。
「こうだったよ」などと言われて「That’s usually the case.(大体そうだね)」と答える感じで使います。「the case」は「場合」というような意味です。他にも「If that’s the case, I’m not gonna go.(そういうことなら私は行かない)」、「That’s not always the case.(必ずしもそうじゃない)」、「Bring an umbrella in case it rains.(雨が降った場倍に備えて傘を持ってきて)」など。
本当のことを言いなさい。
「tell a lie」と言わずに「lie」を動詞として使いますが、「tell the truth(真実を言う)」はよく使う英語です。たとえば「I’m telling the truth!(本当のことを言ってるよ)」、「I told the truth.(本当のことを言った)」、「I should’ve told the truth.(本当のことを言うべきだった)」、「I couldn’t tell him the truth.(彼に本当のことを言えなかった)」など。
話せば長くなる。
複雑な話や説明するのが面倒なときによく使われる英語です。これは決まり文句で応用はありません。「It’s a long story.」と言われたときに「I’ve got time.(時間はある)」と言って「大丈夫だから話してよ」と返すことも多いです。
それは避けられないことです。
「避ける」は「avoid」という動詞を使います。たとえば「Are you avoiding me?(私のことを避けているの?)」、「The problem could’ve been avoided.(この問題は避けられたはずだ)」など。「avoidable(アヴォイダブル)」は「避けられる」という意味の形容詞で、その反対が「unavoidable(アナヴォイダブル)」という形容詞です。たとえば「It’s an avoidable problem.(避けられる問題だ)」、「Some loss is unavoidable.(ある程度の損失は避けられない)」など。
自分に厳しすぎだよ。
「hard(形容詞)」は「硬い」、「難しい」という意味でよく使いますが、この「be hard on 人(人に厳しくする)」という使い方もあります。たとえば「He’s too hard on us.(彼は私たちに対して厳しすぎ)」、「I’m sorry I was too hard you.(厳しくしてごめんね)」など。そして「yourself」を使えば「自分に厳しくする」という意味になります。たとえば「Don’t be so hard on yourself.(自分にそんなに厳しくしないで)」など。
判断力が鈍くなる。
「cloud 人’s judgment」は「判断力を鈍くさせる」という熟語です。直訳は「判断力を曇らせる」です。「It」を他の名詞や動名詞(動詞のing)にも置き換えられます。たとえば「Alcohol clouds your judgment.(お酒が判断力を鈍くさせる)」、「Being emotional clouds your judgment.(感情的になることが判断力を鈍くさせる)」など。Godfather IIIではAl Pacinoが「Don’t hate your enemies. It clouds your judgment.(敵を憎むな、判断力が鈍くなる)」と息子に説教しました。
(その映画には)有名な人は出てない。
「映画に出演する」を英語では「be in (it)」と言います。たとえば「Who’s in it?(誰が出ているの?)」、「What’s he in?(彼は何に出ているの?)」、「Brad Pitt is in it.(Brad Pittが出ているよ)」、「He was in Love Actually.(この俳優はLove Actuallyに出ていた)」など。映画の話になると「Who’s in it?」という質問は大体出ますが、有名な人が出てない場合は「No one famous is in it.」と言います。
嘘をつかないで。
「嘘をつく」は「lie」という動詞を使います。受験勉強では「tell a lie」と教わった人も多いと思いますがめったに言いません。たとえば「I lied.(嘘をついた)」、「He’s lying.(彼は嘘をついている)」、「What if he’s lying?(嘘ついてたらどうする?)」など。
ページTOP