HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
今回は特別に許しちゃうかな。
「exception」は「例外」という意味です。たとえば「That’s an exception.(それは例外です)」など。そして「make an exception」は決まり文句で「例外を作る」という意味です。たとえば「Can't you make an exception?(特別に許可するのはダメ?)」、「I’ll make an exception for you.(君のために特別に許す)」など。
彼の前だと緊張しちゃう。
「be nervous」は「緊張している(状態)」です。「get nervous」は「緊張する(変化)」を表します。たとえば「I get nervous easily.(緊張しやすい→上がり症)」、「I’m getting nervous.(緊張してきた〈変化の途中〉)」など。そして、「around him」は「彼の前で」という意味の簡単な言い方です。他にも「I feel safe around him.(彼といると安心する)」など。
私も同じです。
「same」はすごく不思議な単語です。形容詞なのに必ず「the」が付きます。「I have the same bag.」、「We went to the same school.」のように「bag」、「school」がつづいている文でなくてもtheが使われます。必ず付くので「the same」と最初から覚えておきましょう。「I’m same.」は必ず間違いです。「I’m the same.」は漠然と使えるので便利です。「私も同じ癖がある」、「私も同じ考え方だ」でも何でも大丈夫です。
チャンスを台無しにした。
「blow it」は「失敗する」、「台無しにする」という意味です。blowには必ず目的語がつづくので、漠然に言うときは「it」を使います。「I blew my chance」と言っても、漠然の「I blew it.」だけでも「チャンスを台無しにする」という意味です。たとえば「Don’t blow it.(チャンスを台無しにするなよ)」、「I blew it with her.(彼女との関係を台無しにしてしまった)」、「I blew my only chance.(唯一のチャンスを台無しにしちゃった)」など。
恥ずかしいことじゃないよ。
「気にしないで」のようなニュアンスで人を励ます決まり文句です。「ashamed(恥じる)」は「embarrassed(きゃ、恥ずかしい!)」よりも深刻な感じです。他にも「You should be ashamed.(恥を知りなさい)」、「Shame on you!(恥を知りなさい)」、「I’m ashamed to admit it but…(恥ずかしくて認めたくないけど・・・)」などのフレーズも憶えておきましょう。
高校のとき、彼女に片思いしてた。
まず、「高校生のときに」は「when I was a high school student」だと長すぎて不自然な言い方です。1番自然な英語は「in high school(高校生のときに・高校時代に)」です。「in high school」は高校という「場所」ではなくて「時代」を表しています。そして、「have a crush on 人」は「打ち明けてない恋愛感情」を表す熟語です。大体「片思い」です。
バカなことを言わないで。
日本語を直訳して「Don’t say a stupid thing.」とはぜ~ったいに言いません。「Don’t~(しないで)」には動詞の原型がつづくので、形容詞にbeを付ければ使えます。それ以外を考えないことがポイントです。ネイティブの感覚です。たとえば「失礼なことを言うな」、「失礼なことをするな」、「失礼な態度をとるな」は全部「Don’t be rude.」とだけ言います。日本語を直訳して「Don’t say rude things.」などの言い方はしません。他にも「Don’t be selfish.(わがままを言わないで)」、「Don’t be stubborn.(頑固にならないで)」、「Don’t be mean.(意地悪しないで)」など。日本語英語より本当の英語の方が簡単なのです。
自転車が撤去された。
「(違反車などを)撤去する」は「impound」と言います。たとえば「They impounded my car.(〈区役所の〉奴らが僕の車を撤去した)」など。たいていの場合は受動態の「get impounded(撤去される)」を使います。受動態は「be 過去分詞」もしくは「get 過去分詞」です。話し言葉では「get 過去分詞」の方が一般的です。
手間がかかる。(大仕事だ)
「handle」は「取り扱う」、「手におえる」という意味でよく使います。たとえば「I can handle it.(自分でできる)」、「I can’t handle it alone.(1人じゃ手におえない)」など。今回のフレーズの直訳は「取り扱うのに多い」ですが、「大仕事だ」、「手がかかる」という意味です。「a lot to 動詞」は他にもあります。例えば「It’s a lot to think about.(たくさん考える必要がある)」、「You have a lot to learn.(君は学ぶことがまだまだたくさんある)」など。
一晩では(すぐには)ならない。
「It won’t happen.」は「そうはならない」という意味ですね。今回のキーワードは「overnight」です。普通に「I stayed overnight.(泊まりました)」という意味もあるのですが、「すぐに」、「いきなり」、「突然」という意味で使うことも多い。たとえば「He changed overnight.(彼はいきなり人格が変わった)」、「You don’t improve overnight.(いきなり上達するわけじゃない)」、「They became best friends overnight.(急に大の仲良しになった)」など。
ページTOP