HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
手伝ってくれたりしないかなぁなんて思ったのですけど・・・
文法的に理解しようとするとけっこう難しいですが「I was wondering if you could 〜」は「Can you 〜?(〜してくれる?)」とまったく同じ意味です。丁寧な言い方や頼みづらいことは言い方が長くなります。短い「Can you 〜?」にしても、長い「I was wondering if you could 〜」にしても、1つの塊、1つの単語のように覚えておけば同じくらい簡単です。そして、どちらにしても、つづくのは動詞の原型なので使いやすいです。同じように「Can I 〜?」を丁寧に言うと「I was wondering if I could 〜.」になります。
案外そうでもないよ。
直訳は「聞いたら驚くよ」、「やってみたら驚くよ」です。仮定法の「would」を使っていますが、とりあえず「案外そうでもないよ」という1行の決まり文句として覚えておきましょう。たとえば「それって難しいでしょう?」と言われて「You'd be surprised.(案外難しくないよ)」と答えたり、「簡単そうだね」と言われて「You'd be surprised.(案外そうでもないよ)」と答えたり。ぜひ使ってみましょう。
真実を知る唯一の方法だ。
「way」は「方法」という意味でよく使われます。「the only way」は「唯一の方法」という意味です。単に「It's the only way.(他に方法はない)」という文もありますし、「to 動詞」がつづくこともあります。例えば「It's the only way to be sure.(確実にするのに唯一の方法だ)」、「It's the only way to not hurt her.(彼女を傷つけない唯一の方法だ)」など。
彼女はモテる。
「モテる」は「She's popular with guys.(男子に人気がある)」という言い方もありますが、「Guys love her.(彼女は男に好かれる)」という言い方の方が自然な英語です。逆に「彼はモテる」なら「Girls love him.」と言います。「子供に好かれる」なら「Kids love him.」と言います。
あなたが着ているその服のデザイナーは誰?
今回はちょっと面白い言い方です。直訳は「あなたは誰を着ているの?」ですが、いい服を着ている人に「その服のデザイナーは誰?」という意味で使います。ハリウッドなど、セレブの世界でめちゃくちゃ使われる言い方です。「I'm wearing Valentino.(ヴァレンティーノを着ている)」、「He's wearing Armani.(アルマーニを着ている)」もあります。
私といえば「やさしい」。
直訳は「私のミドルネームは〜だ」ですが、「〜 is my middle name.」は「〜といえば私のことだ」、「私といえば〜だ」というフレーズです。たとえば「Danger is my middle name.(危険といえば俺のことだ)」、「Sweet is my middle name.(やさしいといえば私のことよ)」、「Thoughtful is my middle name.(思いやりがある人といえば私のことです)」など。「sweet」も「thoughtful」はどちらも形容詞なので、文の主語には本当はならないが、「名前」として使われているので、この場合は大丈夫です。
安心してください。
「ご安心を」、「安心してください」は「Rest assured.」と言います。直訳すると、「Rest(休んで)」という命令文に「assured(安心・確信・保障されている)」という過去分詞を付け加えています。「分詞構文」という文法です。「Rest assured.」に文がつづくこともあります。例えば「Rest assured it won't happen again.(こういうことは2度とないのでご安心を)」、「Rest assured he's a professional.(彼はプロなのでご安心を)」など。
カードの限度額をいっぱいに使った。
「maximum(最大限)」の短縮形「max」は日本語でも言いますね。「out」が付くと更に「マックスに達している」ニュアンスです。たとえば「I'm tired.(疲れている)」、「I'm tired out.(付かれきっている)」、「I'm stressed.(ストレスが溜まっている)」、「I'm stressed out.(ストレスがマックスに足している)」など。とりあえず「限度額をいっぱいに使う」は「max out my credit card」とグループ化した動詞として覚えておきましょう。
顔は出すかもしれない。
「今日の呑み会に行くの?」と聞かれて「I might make an appearance.」と言えば、ちょっともったいぶっている感じもありますが、かっこいいです。「make an appearance」は「顔を出す」という言い方です。たとえば「I have to make an appearance at my friend's birthday party.(友達の誕生日会でちょっと顔を出さなきゃいけない)」、「He didn't make an appearance.(彼は来なかった)」など。
タクシーで行った方が簡単だ。
以前に「It's easy to 動詞(〜しやすい・〜するのは簡単だ)」という言い方はやりましたね。今回は比較級の「easier」に置き換えて「〜の方が簡単」という言い方です。たとえば「It's easier to tell the truth.(本当のことを言った方が簡単)」、「It's easier to do it yourself.(自分でやった方が簡単)」、「It's easier to not go.(行かない方がが簡単)」など。
ページTOP