HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
(電話したけど)繋がらなかった。
電話して、話中だった場合も、圏外だった場合も、その人が出なかった場合も、「繋がらなかった」は「I couldn't get through.」と言います。色々な状態でも同じ英語でいいので便利です。他にも「Did you get through to Dave?(Daveと連絡ついた?)」、「I can't get through to her.(彼女とは連絡がつかない)」など。
最前列の席がとれた。
「最前列」は「the front row」と言います。例えば「We were in the front row.(最前列だった)」など。そして「最前列の席」は「front-row seats」と言います。この場合の「front-row」は形容詞なのでハイフンが入ります。ちなみに「前から2番目の列」は「the second row」、「3番目の列」なら「the third row」などです。
よりによって、仕事しなきゃいけない。
「I have to work.」は「仕事しなきゃいけない」という文ですね。最後に「of all things」を付けると「よりによって仕事だよ」というようなニュアンスです。「of all things」は「あり得るすべての物の中で、何と仕事だよ、最悪!」という感じです。例えば「He got me a pen, of all things.(彼からのプレゼントは、何とペンだった、最悪!)」など。
ストレス解消にはいいよ。
「get rid of 〜」は「〜をなくする」、「〜を捨てる」という意味です。「get rid of stress」は「ストレスを解消する」という動詞です。「relieve stress」は言いません。そして「It's good for 〜」は「〜に効く」、「〜にいい」という意味です。続くのは名詞か動詞のingです。例えば「It's good for a hangover.(二日酔いに効く)」、「It's good for practicing English.(英語を練習するのにいい)」など。
厄払いをしに神社に行った。
「get rid of 〜」は「〜をなくする」、「〜を捨てる」という意味です。例えば「Get rid of this table.(このテーブルをどこかにどかしなさい)」、「Get rid of him.(そんな男を捨てなさい)」など。英語には「厄払い」といったピッタリの単語がないのですが、「get rid of bad luck」が一番自然です。「お寺」は「temple」と言いますが、「神社」は「shrine」です。
それ、法的には大丈夫なの?
「legal」は「合法」という意味の形容詞です。逆に「違法」は「illegal」です。使い方は簡単です。「That's legal.(合法です)」、「That's illegal.(違法です)」など。そして、主語の「That」を他の名詞や動詞のing」に置き換えて応用しましょう。「Driving drunk is illegal.(飲酒運転は違法です)」、「Same-sex marriage is legal in England.(イギリスでは同性愛者の結婚が認められている)」など。
星座は何ですか?
「星座」は「star sign」、略して「sign」と言います。12個の星座を合わせたのが「zodiac」なので「What's your zodiac?」とは言いません。そして、「horoscope」は「(星占いの)今日の運勢」なので「What's your horoscope?」と言うと「今日の運勢はどうなの?」という意味にしかなりません。ちなみに「〜座です」は「I'm a 〜」と言います。たとえば「I'm a Scorpio.(さそり座)」、「I'm a Cancer.(かに座)」、「I'm an Aquarius.(水瓶座)」、「I'm a Leo.(獅子座)」など。「scorpion(さそり)」、「crab(かに)」、「lion(獅子)」とは言わないので気をつけましょう。星座は向こうでは日本の血液型みたいなものなので結構よく聞かれます。自分の星座だけでも覚えておきましょう。
(ポーカーなどで)おりる。
トランプでは特別な言い方が色々あります。勝ち目がなさそうなときは「I fold.(おりる)」と言います。逆におりない場合は「I'm in.」と言います。
やるじゃん!
この言い方を知らないと「Where do you go?」と聞き間違いやすいですが、よく使う一言です。「大学に受かった」、「婚約した」など祝いすべきことを言われたりすると「Way to go!(やるじゃん!)」と言います。もしくはテレビで応援しているチームがホームランを打ったりするとリビングで立ち上がって「Way to go!」と叫んだりもします。応用範囲が超広いです。
確定申告をやらなきゃいけない。
「確定申告」は「tax return」と言います。「確定申告をする」は簡単に「do (my) tax return」と言います。「my」のところを「your / his / her」などにもできます。例えば「Did you do your tax return this year?(今年の確定申告はもうしましたか?)」、「You have to do your tax return by March.(3月までに確定申告しなきゃいけない)」など。
ページTOP