HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
今日これを買ったんだけど、見て。
「what I bought today」は名詞節です。「Look +名詞節」という形です。直訳は「今日私が買ったものを見て」です。他の例文といえば「Look who's talking.(誰が話しているかを見て=人のことを言えないでしょう!)」、「Look who I ran into.(誰とバッタリ会ったか見て=すごい人とバッタリ会ったよ)」など。
色々と苦労してきた。
「苦労する」、「嫌な思いをする」は「go through」と言います。例えば「I went through hell.(大変な思いをしたよ)」、「I don't wanna go through that again.(2度とあんな思いをしたくない)」など。完了形にすると「go」の過去分詞は「gone」か「been」になります。(beenって書いてあってもbe動詞とは限りません)。「したことある・ない」の場合は「go」が「been」になります。それ以外の完了形は「gone」になります。例えば「Have you ever been to NY?(NYに行ったことある?)」もそうです。「色々と苦労してきた」というのも「したことがある」ということなので「go through」が「I've been through a lot.」になります。
満タンでお願いします。
これはそのまま覚えましょう。「'er」は「her」の省略した発音です。普段は省略しない方が一般的ですが、決まり文句によっては「'er」と必ず言う場合もあります。「Fill her up.」では不自然です。英語には男性名詞、女性名詞はないが車、船、飛行機などの乗り物のことを「her」と女性扱いなのがちょっと面白いですね。もし英語圏の国でガャ潟塔Xタンドに行くことがあれば「Fill‘er up.」を使ってみてください。
誰が来たの?
質問ですが疑問文の形をとらないものもあります。普通の過去形の疑問文なら「did you」を使いますが、「who / what」などが主語の場合は普通の肯定文の形になります。例えば「Who did you invite?(誰を誘ったの?)」では「who」が「誰を」と目的語なので普通の疑問文ですが、「Who came?(誰が来たの?)」の場合は「who」が「誰が」と主語です。主語が「you」ではないので「did you」が入りません。同じように「What happened?(何が起きたの?)」、「How many people came?(何人来ましたか?)」、「Who won?(どっちが勝ったの?)」など。
もう失敗は許されない。
「screw up」は「へまをする」という動詞です。例えば「I screwed up.(ヘマをした)」、「Don't screw it up.(失敗するなよ)」など。それを「screw-up(ヘマ)」という名詞にもなります。「No 〜.(〜はダメ)」という簡単な言い方があります。例えば「No talking.(しゃべったらダメ)」、「No smoking.(タバコを吸ったらダメ)」、「No cheating.(浮気はダメよ)」など。「more」を入れると「これ以上はダメ」という意味になります。例えば「No more cheating.(これからは浮気はもうダメよ)」など。
枝豆はビールに合う。
枝豆は英語でも「edamame」と言います。数える単語ですが、元々は外国語(日本語)なので複数の「s」は付けません。「go with」は「合う」という意味です。例えば「That shirt goes with that suit.(そのシャツはそのスーツに合っている)」など。「Edamame go with beer.」は「goes」になってないのは複数で言っているからです。複数で言っていますが外国語なので「Edamame」に「s」を付けません。他にも「White wine goes with fish.(魚料理には白ワインが合う)」、「Red wine goes with meat.(肉料理には赤ワインが合う)」などもあります。「What goes with fish?(魚料理には何が合いますか?)」と聞くこともできます。
色々知っている。
「things」は漠然としている上に複数なので「色々と」のニュアンスにはぴったしの英語です。そして「I know things.」が漠然としているので「具体的な何かについて詳しい」でも「人生経験がいっぱいある」でも「奄ヘ色々聞いている」でもいろんなニュアンスで使うことができます。
まじで言ってんの?
「serious」は「真面目な人」という意味ではなくて、「本気だ」という意味です。例えば「I'm serious.(本気で言っている)」、「You can't be serious!(まさか本気じゃないでしょうね)」など。「He's a serious person.」と言っても「真面目な人」という意味よりは「あまり笑わない人」、「冗談が通じない人」という意味で、どちらかというと「暗い感じの人」というあまりよくない意味に聞こえます。びっくりすることを言われたら「Are you serious?(まじで?)」と取り合えず言うことが多いです。
週2回くらい外食します。
「eat out」は「外食する」という意味です。頻度を言うときは例えば「once a week(週1回)」、「twice a week(週2回)」、「3 times a week(週3回)」などと言います。3回からは全部「3 times」、「4 times」、「5 times」と言います。「a week」の代わりに「a month」、「a year」なども使えます。例えば「once a month(月1回)」、「twice a year(年に2回)」など。「1週間」、「1ヶ月」、「1年」だと「every」は必要ないのですが、「2週間に一回」、「4年に一回」などは「every」が要ります。例えば「I get a haircut once every 2 months.(2ヶ月に1回髪を切る)」、「I go traveling once every 6 months.(半年に1回旅行します)」、「The Olympics are once every 4 years.(オリンピックは4年に1回です)」など。
このDVDの返却日が明日。
「due」は「提出日」、「嵐闢?vなど、締め切り的な意味です。例えば「The report is due on Monday.(論文の提出日が月曜日です)」、「When is the baby due?(嵐闢?ヘいつですか?)」など。「返却日」なら「due back」と言います。例えば「This DVD is due back tomorrow.(返却日が明日です)」、「When is the DVD due back?(返却日はいつ?)」など。
ページTOP