HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
それ、ゴロがいいね。
「catchy」は「ゴロがいい」、「記憶に残る」、「頭から離れない」ものを表す形容詞です。例えば「It has a catchy melody.(記憶に残るメロディーだ)」、「We need some catchy copy.(ゴロのいいキャッチコピーが必要だ)」、「It's not catchy enough.(〔キャッチコピーなどが〕インパクトが足りない〕」など。
大体の数字を教えてください。
「figure」は「数字」という名詞です。「ballpark」は「野球場」のことです。「今日は4000人が来場」など、野球場に観客が何人来たかを「大体の数字」で言います。細かく「4525人が来た」とは言いません。そのことから「a ballpark figure」が「大体の数字」という意味で使われるようになりました。よく言います。アメリカでは野球がやっぱり流行っていますね!
返してほしい。
「I want you to give it back to me.(返してほしい)」という言い方もありますが長いです。もっと簡単に「I need it back.」と言います。「need 〜 back」の他の例文といえば「Do you need it back?(返してほしい?返そうか?)」、「When do you need it back?(いつまでに返したらいい?)」、「I don't need it back yet.(まだ返さなくて大丈夫だよ)」などもあります。
わざとやったんじゃない。
「on purpose」は「わざと・意図的に」という英語です。文の最後の方に入れます。例えば「You did that on purpose!(わざとやったでしょ!)」、「I was late on purpose.(わざと遅刻した)」など。「on purpose」の反対は「by accident(間違えて〜した)」です。例えば「I called him Dave by accident.(間違えてDaveと呼んだ)」、「I got the express by accident.(間違えて急行に乗っちゃった)」など。漠然と「It was an accident!(事故だよ・わざとじゃないよ)」という言い方もあります。
遅刻しないでね。
「Don't 〜」は「〜しないで」という否定の命令形です。「Don't」の後には動詞の原型が続きます。「late」のように形容詞を使いたい場合は「be」を使います。もしくは「be late」を「遅刻する」と熟語として覚えるのもいいですね。例えば「I don't wanna be late.(遅刻はしたくない)」、「I'm gonna be late.(遅刻しそう)」、「He's always late.(彼はいつも遅刻する)」など。
それはいい例えですね。
「analogy」はちょっとだけレベルが高い単語です。「例え」という名詞です。例文ではなくて、「まるで〜みたいじゃん!」のような例えです。何かに例えて言う人が多くて、それが上手な例えなら「That's a good analogy.」と言います。ダメな場合は「That's not a very good analogy.(あまりいい例えじゃないな)」と言います。
彼女は高嶺の花。
これは完全な決まり文句です。「major league」や「minor league」の「league」ですが、「彼女は僕と違うリーグだ」という直訳です。つまり「僕はマイナーリーグで彼女はメジャーリーグだ」という感覚で、「かなわない」、「ケタが違う」、「ずっと上の存在」という意味です。取り合えず「She's out of my league.」を「高嶺の花」という決まり文句として覚えておきましょう。
並みの能力じゃない。(すごいな!)
これもスポーツ用語から生まれた決まり文句です。「playing field」は「ピッチ」、「グラウンド」です。直訳すると「君は別のグラウンドで試合している」ですが、「ケタが違う」という意味です。つまり「僕はマイナーリーグだけど君はメジャーリーグだね」的な表現です。人の能力に関心するときの決まり文句です。「僕はまだまだだな、君はすごいね!」という意味です。
(攻撃を受けて)こたえているね。
これはボクシング用語から生まれた言い回しです。ボクシングで「ロープにもたれている」は「He's on the ropes.」と言います。ロープにもたれていると「負けている」、「ダメージをもらっている」ということですが、ボクシングでなくても「こたえている」、「攻められて負けている」という表現として使います。裁判や口論でも、とりあえず「争いで負けている」ことを表します。
お釣りはいいよ。
お店やタクシーなどで、ちょっと気前のいい気分のときに、そしてお釣りがそんなにないときなどに使ってみるとかっこいい言い回しです。「change(名詞)」は「お釣り」という意味です。例えば「You forgot your change.(お釣りを忘れているよ)」、「How much change is that?(お釣りはいくらになる?)」など。「Keep 〜」は「持っていていいよ」、「あげるよ」という意味で使います。例えばペンを貸して「Keep it.(返さなくていいよ・あげるよ)」など。
ページTOP