HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
彼女が何時に来るのか分からない。
「know」の後も名詞節が続くことが一般的です。名詞節は時制が関係するので、過去のことは過去形、未来のことは未来形、今のことは進行形、一般的なこと・普段のことは現在形を使いましょう。例えば「I don' know where he went.(彼がどこに行ったか分からない)」、「I don't know where we're gonna go.(どこに行くか分からない)」、「I don't know what you're talking about.(何の話をしているか分からない)」、「I don't know what he does.(彼が普段何をしているか(職業など)分からない)」など。
彼が何と言ったか覚えてない。
「remember」の後も名詞節が続くことが多いです。例えば「I don't remember where it is.(どこにあるか覚えてない)、「Do you remember what I said?(私の言ったことを覚えている?)」、「I remember what it's like.(どんなものか覚えています)」、「I don't remember why they had a fight.(彼らがなぜ喧嘩した覚えてない)」など。
彼が来るかどうか知らない。
「もし〜なら」という意味の「if」もありますが、この「if」は「かどうか」という意味です。「もし〜なら」の「if」と違って「かどうか」の「if」は未来のことを未来形で言います。「かどうか」の「if」節は名詞節ではないが、名詞節を使う箇所で大体使えます。名詞節は疑問詞(what/where/whoなど)から始まりますが疑問視を使わない場合はこの「if」もしくは「whether」を使います。例えば「I don't know if they're going out.(彼らが付き合っているかどうか分からない)」、「I don't remember if he's gonna come.(彼が来るかどうか覚えてない)」、「It depends on if he's gonna come.(彼が来るかによる)」、「Ask him if he's gonna come.(来るかどうか彼に聞いておいて)」など。
何を言っているかがさっぱり分からない。
「what you're talking about」は「あなたが何を言っているか」という名詞節です。「I don't know」は「分からない」という意味に対して「I have no idea」は「さっぱり分からない」、「全然分からない」というより強い言い方です。ちなみにより弱い言い方は「I'm not sure(よくは分からない)」です。どれも名詞節が続くのが一般的です。例えば「I'm not sure what time it starts.(何時に始まるかはよく分からない)」、「I have no idea who he is.(彼が誰なのかさっぱり分からない)」など。
私が言いたかったのは・・・
名詞節は名詞の代わりに置き換えられるのでとても便利なものです。文章の中の名詞を名詞節に置き換えれば簡単な文型で複雑なことが言えます。今まで目的語として名詞節を使ってましたが、文章の主語も名詞なので主語として名詞節を使うこともできます。例えば「What you said was true.(あなたが言ったことが正しい)」、「How you do it is important.(どうやるかが大事)」、「How many people come changes everything.(何人来るかによってすべてが変わる)」など。
彼がどこにいると思う?
「do you think」の場合は名詞節の間に入ります。例えば「Do you know where he is?(彼がどこにいるか知っている?)」の「where he is」の中に「do you think」を入れて「Where do you think he is?(どこにいると思う?)」、「Do you know what she did?(彼女が何をしたか分かる?)」の「what she did」の間に「do you think」を入れて「What do you think she did?(何をしたと思う?)」、「Do you know how he got home?(彼がどうやって帰ったか知っている?)」の「how he got home」の間に「do you think」を入れて「How do you think he got home?(どうやって帰ったと思う?)」など。
厚底の靴は流行ってない。
「厚底の靴」は「platform shoes」と言います。「be in」は「流行っている」という意味ですが、「流行ってない」は「be out」と言います。例えば「This used to be out.(これは昔は流行ってなかった)」、「That's so out.(それは超ダサい)」など。
ジージャンが流行らなくなってきた。
「be out」は「流行ってない」状態で「go out」は「流行らなくなる」変化です。なんとなく「消えて行く」ニュアンスなので「come」ではなくて「go」を使います。「go out」を進行形にすると「変化の途中」を浮オていて「流行らなくなってきた」という意味になります。
痛い。
「痛い」は「hurt」という動詞を使います。動詞なので「It is hurt.」のような文章は間違いです。「hurt」は「今のこと」を現在形で言います。例えば「It hurts.(痛い)」、「It doesn't hurt.(痛くない)」、「Does it hurt?(痛い?)、「Where does it hurt?(どこが痛いの?)」など。「hurt」の過去形も過去分詞も「hurt」です。例えば「It hurt.(痛かった)」など。「痛い」は「s」が付いていて「痛かった」は「s」がないので区別できます。「It」の代わりに「My leg」などを置き換えて「My leg hurts.(脚が痛い)」なども言えます。
突き指をした。
怪我は全部同じ文型で言います。怪我の種類が動詞で、そのあとは「my 体の部分」が続きます。例えば「I cut my finger.(指を切った)」、「I burned my hand.(手を焼けどした)」、「I broke a nail.(爪が割れた)」、「I stubbed my toe.(足の突き指をした)」など。
ページTOP