HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
月曜日に休みをとった。
「休みがある」は「have time off」ですが、「休みをとる」は「take time off」、「休みがもらえる・とれる」は「get time off」、「休みを与える・休ませる」は「give 人 time off」と言います。漠然の「time」の代わりに具体的な「3 days」、「Monday」、「the afternoon」なども置き換えられます。たとえば「I’m gonna take Monday off.(月曜日に休みをとるつもり)」、「I couldn’t get time off.(休みがとれなかった)」、「My boss gave me the afternoon off.(上司が半休をくれた)」など。
休みはどれくらいある?
「休みがある」は「have time off」ですが、「どれくらい?」の疑問文では「time off」が「How much」とくっ付いて「do you」の前に入ります。「How much do you have time off?」は間違いです。他にも「How much time off are you gonna take?(休みは何日とるつもり?)」、「How much time off did you get?(休みは何日もらえた?)」、「How much time off did your boss give you?(上司は休みをどれくらいくれたの?)」など。
枝豆はビールに合う。
枝豆は英語でも「edamame(エダマーメ)」と言います。数える単語ですが、元々は外国語(日本語)なので複数の「s」は付けません。「go with」は「合う」という意味です。たとえば「That shirt goes with that suit.(そのシャツはそのスーツに合っている)」、「White wine goes with fish.(魚料理には白ワインが合う)」、「Red wine goes with meat.(肉料理には赤ワインが合う)」など。「Edamame go with beer.」は「goes」になってないのは複数で言っているからです。
お寿司に何が合うの?
たとえば「Sake goes with sushi.(お寿司には日本酒が合う)」のように「A goes with B」という表現はよくします。今回のフレーズは質問なのに疑問文の形をとらないのは「What(何が)」が主語だからです。「What(何が)」、「Who(誰が)」が主語の場合、質問なのに疑問文の形をとりません。たとえば「What happened?(何が起きたの?)」は「It happened.(それが起きた)」と同じ文型、「Who came?(誰が来たの?)」は「He came.(彼が来た)」と同じ文型になります。
このDVDの返却日が明日。
「due」は「提出日」、「予定日」など、締め切り的なものを表します。たとえば「The essay is due on Monday.(論文の提出日が月曜日だ)」、「When is the baby due?(予定日はいつですか?)」など。「返却日」なら「due back」と言います。たとえば「This DVD is due back tomorrow.(返却日が明日です)」、「When is it due back?(返却日はいつ?)」など。
このDVDは返却日が過ぎている。
「due」は「提出日」、「予定日」など、締め切り的なものを表します。「overdue」は「提出日・返却日が過ぎている」という意味です。たとえば「Your essay is overdue.(論文の提出日が過ぎているよ)」、「This DVD is overdue.(このDVDは返却日が過ぎている)」など。「どれくらい過ぎているか」は「overdue」の前に「どれくらい」を入れます。たとえば「Your report is a week overdue.(提出日が1週間過ぎている)」、「This DVD is 3 weeks overdue.(返却日が3週間過ぎている)」、「The baby was 2 weeks overdue.(赤ちゃんが予定日より2週間遅れて産まれた)」など。
謙遜しないでよ。
「modest」は「謙虚」という意味の形容詞です。たとえば「He’s modest.(彼は謙虚な人だ)」など。「Don’t(しないで)」には動詞の原型が続きます。形容詞なら「beを付ける」とだけ考えて「Don’t be modest.(謙遜しないで)」になります。日本語の言い方に惑わされずに「形容詞ならbeを付ける」とだけ考えると英語らしい英語になります。たとえば「Don’t be mean.(意地悪を言わないで)」、「Don’t be rude.(失礼な態度をとらないで)」、「Don’t be stupid.(バカなまねはやめて)」など。
もう失敗しないでね。
「screw up」は「失敗する」、「ミスする」という動詞です。たとえば「I screwed up.(ミスった)」、「Don't screw up.(失敗するなよ)」など。「screw-up(失敗・ミス)」という名詞もあります。「No ~.(〜はダメ)」という簡単な言い方があります。たとえば「No talking.(しゃべったらダメ)」、「No smoking.(タバコを吸っちゃダメ)」、「No cheating.(浮気はダメよ)」など。「more」を入れると「これ以上はダメ」、「2度とするな」という意味になります。たとえば「No more cheating.(浮気はもうダメよ)」、「No more excuses.(言い訳はもういい)」など。
めったに風邪を引かない。
「get sick」は「病気になる」、「風邪を引く」という意味です。「hardly ever」は「滅多にしない」という意味です。文に「not」が入ってないけど「hardly」で否定の意味になるので注意しましょう。頻度を言うときはやはり「普段のこと」を表す現在形を使います。他にも「I hardly ever cook.(滅多に料理しない)」、「We hardly ever fight.(滅多に喧嘩しない)」、「She hardly ever gets angry.(彼女は滅多に怒らない)」、「It hardly ever snows.(雪は滅多に降らない)」など。
彼女が何時に来るのか分からない。
「I don't know」にはWH名詞節が続くことが多いです。WH名詞節は「疑問詞」(what / where / whoなど)+「肯定文」で案外簡単に作れます。WH名詞節は時制が関係するので、過去のことは過去形、未来のことは未来形、今のことは進行形、普段のことは現在形を使いましょう。たとえば「I don't know where he went.(彼がどこに行ったか分からない)」、「I don't know where we're gonna go.(どこに行くか分からない)」、「I don't know what you're talking about.(君が何の話をしているか分からない)」、「I don't know what he does.(彼が普段何をしているか(職業など)分からない)」など。
ページTOP