HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
ネタバレ注意。
ネットでよく見る言葉ですね。「alert」は「注意」で、「spoiler」は「ネタバレ」を表しています。「spoil(動詞)」は「~を台無しにする」という意味ですが、映画を観る前に犯人が誰なのか、結末がどうなるかなどを知ってしまうと映画が楽しめなくなるので、その映画を「台無しにした」という表現ですね。たとえば「Don’t spoil it for me.」は「その映画を私にとって台無しにしないで」という直訳ですが、「ストーリーを教えないで」という意味です。
すみません、お巡りさん。
道に迷ったときなど、人に聞くのが一番。警察官の言い方がたくさんありますが、呼びかけるときは必ず「Officer」と言います。「Police」、「cop」などと言ってしまうと「すみません、ポリ」とか「すみません、ポリ功」など、失礼な言い方になってしまうので気をつけましょう。この「Excuse me, officer.」と言ってみたらお巡りさんが親切に教えてくれるはずです。
駅までどうやって行きますか?
どこかへの道を知りたいときは「How do I get to ~?」と聞きましょう。不思議に思う人もいるかもしれませんが、このとき「go」は絶対に使いません。実は「how + go」は「うまくいく(?)」という意味になります。「どうやって行く(?)」は必ず「how + get」を使います。たとえば「How did you get there?(どうやって行った?)」、「How do you wanna get there?(どうやって行こうか?)」、「How did you get home?(どうやって帰ったの?)」など。
この通りをまっすぐ行って2つ目の角を右に曲がってください。
英語で道案内するときに、日本語にない説明の仕方をすることが多いです。「block」というのは「角」という意味ではなくて、道と道の間の地区のことを表します。距離の単位として使うことも多いです。たとえば「It’s 3 blocks away.(3ブロック離れている)」、つまり、3つ目の道路と4つ目の道路の間の地区にあるということになります。ちなみに「go up this street」でも「go down this street」でもどちらも同じ意味です。でも「go this street」とは言いません。「2つ目の角を右に曲がってください」は「Take the 2nd right.」というもっと分かりやすい言い方もありますが、道を尋ねてブロックで説明されることが多いです。もし分からなかったら「Take the 2nd right?」と確認するといいですね。
スーパーの向かい側です。
「~の向かい側」は「It's across from ~」、もしくは「It's opposite ~」と言います。「~の隣」は「It's next to ~」と言います。そして「~と~の間」は「It's between ~ and ~」と言います。たとえば「It's opposite the bank.(銀行の向かい側です)」、「It's next to the florist.(花屋の隣です)」、「It's between the butcher and the supermarket.(肉屋とスーパーの間です)」など。
メーン通りとスミス通りの角にあります。
「It's on the corner.」は「角にあります」という意味です。「It's on the corner of ~ and ~」は「~通りと~通りの角にある」という意味です。「Main Street」と言ってもいいのですが「Street」を付けないことが本当に多いです。タクシーに乗るときも「Corner of Main and Smith.(メーン通りとスミス通りの角までお願いします)」という短い言い方でいいです。
行けば絶対分かります。
直訳は「それを見逃すことはあり得ない」ですが「行けば絶対に分かる」という意味です。道案内するときに本当によく使う決まり文句です。「miss」は「恋しく思う」という意味もありますがここでは「~し損ねる」、「見逃す」という意味です。たとえば「I missed the show.(その番組を見逃した)」、「I missed lunch.(お昼を食べ損ねた)」、「I missed the train.(電車に乗り損ねた)」、「I missed the meeting.(会議に出損ねた)」、「You're missing an important point.(大事な要点を見逃しているよ)」など。
この電車はサマーヒルに停まりますか?
海外で電車に乗るのはちょっと不安ですよね。そんなとき、周りの人に確認してから乗るのが一番です。簡単に「Does this train stop at ~?」と聞くだけです。他に役に立ちそうなフレーズと言えば「Where do I change for the ~ line?(~線に乗り換えるのはどこがいいでしょうか?)」、「Which train goes to ~?(~に行きたいのですが、何線に乗ればいいでしょうか?)」など。これらのフレーズをリパートリーに入れておきましょう。
それを恥じることなく、堂々としなさい。
「Own it.」の直訳は「それを所有して」ですが、「堂々として」という意味で使います。「it(それを)」と目的語があるので、漠然に堂々とするのではなく、具体的な何かに対して使います。たとえば「はげていることを」、「太っていることを」恥じないで堂々とすることなどです。「太ってますけど、何か?」的な、いい意味で開き直ることですね。
ファイルを添付しました。
「添付する」は「attach」という動詞を使います。ちなみに「添付ファイル」は「attached file」もしくは「attachment」と言います。たとえば「I couldn't open the attachment.(添付ファイルが開けなかった)」、「See the attached file.(添付ファイルをご覧ください)」など。
ページTOP