HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
ファッションは自己表現の1つだ。
先日アップル社のapplewatch の正式発表で社長のTim Cookが言った言葉です。「A is an expression of B(AはBの表現だ)」と割とシンプルな文型ですが、A(what you wear)もB(who you are)もWH名詞節です。WH名詞節は「疑問詞+肯定文(what+you wearなど)のようなものです。「an expression」の「an」は「複数ある中の1つ」を意味しています。今回のフレーズの直訳は「自分が何を着るかは自分が誰であるかの表現の1つだ」ですが、これがとっても自然な英語です。英語では「難しい名詞」を使うよりも「簡単な単語を使ったWH名詞節」を使う方が自然です。たとえば「彼の職業が分からない」は「I don’t know his occupation.」よりも「I don’t know what he does.」の方が自然です。「行き先はまだ決まってない」も「My destination has not been decided yet.」よりも「I don’t know where I’m gonna go.」の方がずっと自然です。
買ったものを見せて。
「what you bought(何を買ったか)」はWH名詞節ですが、大事なのは「何を買ったか」だけでなく「買った物」という意味としても使うということです。日本語の「買ったもの」を直訳して「the thing which you bought」という言い方はより難しい上に不自然な英語です。WH名詞節の「what」を「物・事」、「where」を「場所」、「who」を「人」、「why」を「理由」という意味として使えることを意識しましょう。そうやって表現した方が簡単、尚且つ自然です。同じように「彼らが別れた理由が分からない」も「I don’t know why they broke up.」と言います。日本語から直訳して「“理由”は“the reason”」、「“別れた理由”は関係代名詞」、「この関係代名詞の場合は理由なので“why”で繋ぐ」などと考える人は多いですが実は「the reason」は最初から要らないですね。
犯人は捕まったの?
「”犯人”って何と言うんだろう?」と迷って苦労する人は多いです。一応「culprit」という名詞もあるのですが、滅多に使わないです。「criminal」は「犯罪者」と別の意味です。英語では「難しい名詞」を使うよりも「簡単な単語を使ったWH名詞節」を使う方が自然です。そして、WH名詞節の「what」を「物・事」、「where」を「場所」、「who」を「人」、「why」を「理由」という意味として使えることもポイントです。「犯人」は「who did it(それをやった人)」とWH名詞節で表します。他にも「the guy that did it」と関係代名詞を使うこともあります。
イタリアのどこに行くの?
日本語では「イタリアのどこ」という言い方ですが、英語は「イタリアでどこに行くの?」という言い方です。つまり、「Where are you gonna go?(どこに行くの?)」に「in Italy(イタリアで)」を付け加えるだけです。同じように「Where do you live in Tokyo?(東京のどこに住んでいるの?)」、「Where did you stay in New York?(NYのどこに泊まってたの?)」など。
もう寝るよ。
「寝る」という意味の英語がたくさんあってそれぞれを使い分けます。一番よく使われるのは「go to bed」です。たとえば「What time did you go to bed?(何時に寝たの?)」、「I don't wanna go to bed yet.(まだ寝たくない)」、「Go to bed.(寝なさい)」など。直訳は「ベッドに行く」なので既に布団に入っているときだけは使えません。既に布団に入っているときだけ「go to sleep」と言います。たとえば、リビングでテレビを観ている人には「Go to bed.(寝なさい)」、布団に入って本を読んでいる人には「Go to sleep.(寝なさい)」など。「I'm gonna」は未来形ですが、1秒後のことでも未来形を使います。同じように「I'm gonna go home.(もう帰るね)」、「I'm gonna go to the 7-11.(7-11に行ってくるね)」など。
眠っちゃいそう。
「寝る」は大体「go to bed」と言いますが、「うたた寝」、「寝るつもりはないのに眠ってしまう」を「fall asleep」と言います。たとえば「I fell asleep in class.(授業中に眠ってしまった)」、「I fell asleep on the train.(電車の中で寝ちゃった)」、「I fell asleep watching TV.(テレビを観ながら寝ちゃった)」など。「fall asleep」は「眠りに落ちる」と「変化」を表します。「変化」が「今~している最中」を表す「進行形」になっているので「変化の途中(~しつつある)」という意味になります。つまり「眠りに落ちつつある」という直訳です。
居眠り運転しちゃった。
「寝るつもりはないのに寝てしまう」、「うたた寝する」は「fall asleep」と言います。たとえば「I fell asleep in class.(授業中に眠ってしまった)」、「I fell asleep on the train.(電車の中で寝ちゃった)」、「I’m falling asleep.(寝ちゃいそう)」など。そして「文」の最後に「+動詞のing」を付け加える超便利な応用法があります。「~をしていて」、「~をしながら」のような日本語になります。今回のフレーズの直訳は「運転しながら寝ちゃった」ですが「居眠り運転」はこう言います。他にも「I fell asleep watching TV.(テレビを観ながら寝ちゃった)」、「I cut my finger cooking.(料理をしていて指を切っちゃった)」、「I went to bed wearing contacts.(コンタクトをつけっぱなしで寝た)」など。
うちの親は過保護。
「protect」は「守る」という動詞です。「protective.」は「守りたがる」という形容詞です。たとえば「He's very protective of me.(彼は私のことを守りたがる)」など。そして、「overprotective」は「過保護」という形容詞です。「over」が付くと「~し過ぎ」という意味になります。たとえば「overeat(食べ過ぎる)」、「overreact(大げさなリアクションをする)」、「overweight(太っている)」など。
夕飯を食べに彼を家に招待した。
「夕飯を食べに」は「for dinner」だけで大丈夫です。「have 人 over」は「人を家に招待する」という英語です。「over here(こっち)」、「over there(あっち)」もありますが、「over」だけだと「人の家」という意味になります。たとえば「Come over.(うちにおいでよ)」、「He stayed over.(彼がうちに泊まった)」、「I had some people over.(何人かをうちに招待した)」など。
安いね!
日本語で言う「バーゲン」と英語で言う「bargain」は違う意味です。英語では「いい買い物」、「コストパフォーマンスがいい」という意味です。たとえば「That's a bargain.(安いね)」など。「What a ~」は「なんて~なんでしょう」という意味です。たとえば「What a nice guy.(なんていい人なんでしょう)」、「What a beautiful day!(なんていい天気なんでしょう)」など。「What a ~」に続くのは必ず名詞です。
ページTOP