HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
その予定、逃れられないの?
「逃れる」、「せずに済む」は「get out of ~」と言います。続くのは名詞か動詞のingです。たとえば「I got out of doing the test.(テストをしないで済んだ)」、「I can't get out of the meeting.(その会議は逃れられない)」など。先約をキャンセルしてほしいときは「Can you get out of it?(逃れられそう?)」もしくは「Can't you get out of it?(逃れられないの?)」と言います。このように「Can you」も「Can't you」も結局は同じ意味になります。
どいて。
「in the way.(邪魔だ)」の正反対が「out of the way」です。そして「get」は「変化・動作」を表します。「be(である)」は「状態」で、「get(になる)」は「変化」です。たとえば「You’re in the way.(邪魔だ)」と状態を表していて「Don't get in the way.」は「(今は邪魔じゃないけど)これから邪魔しないでね」と変化を表しています。同じように「Get out of the way.」は「(今は邪魔で)どいて」と変化を表しています。
頭痛で仕事にならない。
文の最後に色々と付け加えられます。形容詞なら「文+形容詞」とそのまま付け加えます。名詞なら「文+with 名詞」と「with」で繋ぎます。動詞は「文+動詞ing」とing形を付け加えます。「I can't work.(仕事できない)」は元々完結している文で、「a headache(頭痛)」は名詞なので「with」で繋ぎます。他にも「I can't work hungry.(お腹が空いていると仕事にならない)」、「I can't work thinking about that.(それを考えながら仕事はできない)」など。
階段から落ちた。
「こける」は「fall down」もしくは「fall over」と言います。「階段から落ちる」は「fall down the stairs」、「木から落ちる」は「fall out of a tree」、「椅子から落ちる」は「fall off my chair」など、それぞれ少しだけ言い方が違います。たとえば「I broke my foot falling down the stairs.(階段から落ちて足を骨折した)」、「I laughed so hard, I fell off my chair.(笑いすぎて椅子から落ちた)」、「Even monkeys fall out of trees.(猿も木から落ちる)」など。
彼女に変な目で見られた。
「look」はだいたい動詞として使いますが、この「look」は名詞です。表情を表します。たとえば「He has a strange look on his face.(不思議な表情をしてる)」、「Get that look off your face.(その顔はやめて)」、「Don't give me that look.(そんな顔で見ないで)」、「He gave me an angry look.(怒った顔で私を見た)」など。そして、日本語が「彼女に見られた」と受動態でも、英語では受動態にしません。
若く見られたい。
「look(見える)」に形容詞をそのまま続けます。「look young(若く見える)」と「I wanna(したい)」を組み合わせるだけです。日本語が「見られたい」と受動態なので「I wanna be looked」と間違えてしまう人もいますが絶対に言いません。「そんな悲しい顔をしないで」も「Don't do such a sad face.」なんて言わずに「Don't look sad.」と言います。日本語に合わせないで、英語に合わせることが大事です。たとえば「look +形容詞」の文型に沿って表現すればより簡単により自然な英語になります。他にも「You look tired.(顔が疲れてるね)」、「You look sick.(顔色が悪いよ)」、「You look happy.(幸せそうだね)」、「You look good.(元気そうだね)」など。
風邪声だね。
「look(見える)」と「sound(聞こえる)」は同じ使い方です。どちらも形容詞をそのまま続けます。日本語に惑わされずに「look +形容詞」、「sound +形容詞」に沿って表現することが大事です。「見てそう思った」場合は「look」、「聞いてそう思った場合は「sound」を使います。たとえば「You look sick.(顔色が悪い)」、「You sound sick.(風邪声だね)」など。「bad color face」や「cold voice」なんて絶対に言いません。他にも「You look tired.(顔が疲れているね)」、「You sound tired.(声が疲れているね)」など。
(誘われたりして)いいですね!
「sound(聞こえる)」に形容詞がそのまま続きます。たとえば「You sound sick.(風邪声だね)」など。そして「声が」、「音が」だけでなく、「話の内容」に対して感想を言うときにも使います。たとえば「飲みに行かない?」と誘われて「That sounds good.(いいですね)」と返します。他にも、人の話に対して「That sounds hard.(難しそうだね)」、「That sounds tough.(大変そうだね)」、「That sounds expensive.(高そうだね)」など。また、会ったことがない“彼”についての話を聞いて「He sounds nice.(いい人そうだね)」、「He sounds stupid.(頭が悪そうだね)」、「He sounds smart.(頭がよさそうだね)」などと自分の感想を言ったりするなど。
この話でどうでしょう?
お誘いや提案に対して「That sounds good.(いいですね)」と返しますが、逆に自分から誘ったり提案したりしたあとに「How does that sound?(この提案でどう?この話でどう?)」と聞くことも多いです。遊びの約束でも交渉するときでも、使われる場面は幅広いです。そして、「That sounds good.」と同じように、現在形で言います。五感を表す動詞、「look(見える)」、「sound(聞こえる)」、「smell(匂いがする)」、「taste(味がする)」、「feel(感触・気分)」はすべて、「普段のこと」も「今のこと」も現在形で言います。
彼はいい人そう。
五感を表す動詞「look(見える)」、「sound(聞こえる)」、「smell(匂いがする)」、「taste(味がする)」、「feel(感触・気分)」の後に、形容詞ならそのまま続けますが、名詞を続けるときは「like」が必要になります。意味の違いはありません。たとえば「He looks nice.(いい人そう)」と「He looks like a nice guy.(いい人そう)」はどちらもまったく同じ意味です。「nice」は形容詞だから「like」なし、「a nice guy」は名詞だから「like」あり、というだけです。他にも「You don't look like a mother.(子供がいるようには見えない)」、「That sounds like a good idea.(ようさそうな案だね)」、「You smell like alcohol.(お酒臭い)」、「It tastes like chicken.(チキンの味がする)」、「It feels like silk.(シルクのような感触)」など。
ページTOP