HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
妊娠3ヶ月です。
「I'm pregnant.」は「妊娠している」という文です。「妊娠3ヶ月」なら「pregnant」の前に「3 months」を入れます。前に入れることを初めて知ってびっくりする人が多いけど「I'm old.(歳をとっている)」の「old」の前に「30 years」を入れて「I'm 30 years old.(30歳だ)」とまったく同じです。他にも「I'm 170 cms tall.(身長170センチだ)」、「It's 4 stations away.(駅4つ離れている)」、「I was 10 minutes late.(10分遅刻した)」など。
ググった。(googleで検索した)
日本語の「ググる」と同じように、英語でも「google」を動詞としても使います。たとえば「Google it.(ググッてみて)」、「Let's google it.(ググってみよう)」など。「Skype」も同じように動詞として使います。たとえば「Do you wanna skype later?(後でスカイプしない?)」、「We skype every week.(毎週スカイプしてるよ)」など。
今、化粧中。
「化粧」は「makeup」という名詞です。動詞ではないで「I'm making up.」は間違えです。「化粧をする」は「wear makeup」又は「put on makeup」と言います。「wear」と「put on」は意味が違うので必ず使い分けます。「wear」は「化粧している状態」、「put on」は「化粧する作業」です。たとえば「I'm wearing makeup.」は「すっぴんじゃない状態」、「I'm putting on makeup.」は「化粧の作業中」という意味になります。授業中に「wear makeup」はもちろんしていいが、授業中に「put on makeup」をしたら先生に怒られます。
ヒゲを剃っていて顔を切った。
日本語は「顔を切った」でも、英語では「I cut myself.」と言います。そして、足などを剃る場合は「shave my legs」と目的語を使いますが、「ヒゲを剃る」場合は「shave」とだけ言います。今回の大切なポイントは文の最後に動詞のingを付け加えるという応用です。「I cut myself.」という文に「shaving」を付け加えると「ヒゲを剃っていて顔を切った」になります。他にも「I cut my finger cooking.(料理していて指を切った)」、「I broke my leg skiing.(スキーをしていて脚が折れた)」、「I twisted my ankle playing soccer.(サッカーをしていて足首をひねった)」など。
テレビを観ながら料理していたら指を切っちゃった。
完結している文の最後に「動詞のing形」を付け加える便利な応用があります。たとえば「I broke my leg.(脚が折れた)」、「I broke my leg skiing.(スキーしてて脚が折れた)」、「I cut my finger.(指を切った)」、「I cut my finger cooking.(料理してて指を切った)」など。更に、1つだけでなく、2つでも3つでもドンドン付け加えることができます。たとえば「I cut my finger.」に「cooking」を付け加えて、更に「watching TV」を付け加えられます。
しばらく彼氏(彼女)は要らない。
「single」は「独身」意外にも「彼女・彼氏がいない」という意味でも使います。そして「stay +形容詞(~のままでいる)」も大事です。たとえば「up(起きている)」に「stay」を付けると「stay up(起きたままでいる)」→「夜更かしする」という意味になります。他にも「You can’t stay depressed forever.(いつまでも落ち込んでられないでしょう?)」、「I can’t stay angry at you.(君に怒ったままではいられない、すぐ許してしまう)」など。
俺が悪かった。
形容詞の「bad」に所有格の「my」を付けるのは文法的には絶対あり得ないはずですが、この表現は本当によく使います。不思議なことに「bad」を名詞として使っています。一生懸命謝っている感じはなく「俺が悪かった」、「私が間違ってた」と軽い感じですが友達同士ではすごくよく使われます。
雨降りすぎじゃね?
毎日雨が続くとよく耳にする表現です。正式な英語とは言いにくいですが、10年くらい前から「~ much?」という表現があります。「動詞の原型+much?」と簡単な使い方です。直訳は「よく~するの?」ですが、言葉の皮肉で「~し過ぎだろ!」という意味の表現です。割と新しい表現なので、「し過ぎじゃね?」という日本語がちょうどいいニュアンスです。他にも「Complain much?(文句言い過ぎじゃね?)」、「Talk much?(しゃべりすぎだよ)」、「Lie much?(嘘つき)」、「Hold a grudge much?(根に持ちすぎじゃね?)」など。
シャキッとするものが欲しい。
「pick up」ほどたくさんの意味を持つ英語はありません。元々の意味は「拾う」もしくは「元気になる」ですが、今回は「(私を)元気にさせる」、「シャキッとさせる」という意味です。たとえば「Coffee picks me up in the morning.(朝のコーヒーが私を元気にしてくれる)」、「I'm gonna have a shower to pick me up.(シャキッとするためにシャワーを浴びる)」など。
天気に恵まれたね。
「We were lucky.(運が良かった)」は完結している文です。英語では文の最後に「with +名詞」、又は「動詞+ing」を付け加える、簡単で便利な応用があります。たとえば「We were lucky getting a table.(運良く席が取れたね)」、「We were lucky with the timing.(いいタイミングだったね)」など。逆に「運が悪かった」、「運がなかった」なら「We had no luck.」という文です。同じように応用して「We had no luck with the weather.(天気に恵まれなかった)」、「I had no luck getting a flight.(運悪く航空券が取れなかった)」など。
ページTOP