HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
パンクした。
日本語では「puncture(小穴)」を省略した「パンク」という和製英語を使いますが、英語で「パンク」と言ったらセックス・ピストルズなどのパンク・ロックにしか聞こえません。英語では「a flat tire(ぺっちゃんこなタイヤ)」と言います。「a flat tire」の「tire」を省略して「I got a flat.」と言うのが一般的です。自転車でも車でも同じ言い方です。
お電話があったことをお伝えします。
「~から電話があった」はわざわざ「There was a call from ~.」と言わずに「~ called.」と簡単に言います。たとえば「Dave called.(Daveから電話があった)」、「Who called?(誰から電話があったの?)」、「Did anyone call?(誰かから電話はあったの?)」、「Just tell him I called.(電話があったことだけ伝えて下さい)」など。
私に電話するように伝えてください。
「折り返しの電話をする」は「call 人 back」と言います。たとえば「I'll call you back later.(また後でかけ直すよ)」、「He didn't call me back.(彼が私の電話を返してくれなかった)」など。そして「get 人 to 動詞(人に~してもらう)」という形も大事です。たとえば「I got him to help.(彼に手伝ってもらった)」、「Why don't you get her to come?(彼女に来てもらえば?)」など。「Can you ~?(~してくれる?)」を使っているので、直訳は「彼に、私に電話させてくれますか?」になります。
直留守だった。
固定電話の「留守番電話」は「answering machine」と言いますが、携帯電話の場合は大体「voicemail」と言います。そして「go straight to」は「~にまっすぐ行く」という英語ですが、「発信音がならずにすぐ留守電になった」という意味でも使います。「直留守」ではなくて「留守電だった」なら「I got his voicemail.」、「I got his answering machine.」と言います。
彼を遊びに連れ出した。
「遊びに行く」は「go out」と言います。英語では「go(行く)」の代わりに「take 人(連れて行く)」を置き換えて応用します。「go」以外の部分はそのままなので、元々「to」があるならあるし、元々「to」がないのならないです。たとえば「go to the beach(海に行く)」、「take 人 to the beach(海に連れて行く)」、「go home(帰る)」、「take 人 home(家まで送る)」など。たとえば「I went to the beach.(海に行った)」、「I took him to the beach.(彼を海に連れて行った)」、「He went home.(彼は帰った)」、「He took me home.(彼が家まで送ってくれた)」など。
上司が飲みに連れて行ってくれた。
英語では「go(行く)」の代わりに「take 人(連れて行く)」を置き換えて応用します。「go」以外の部分はそのままです。そして「go drinking(飲みにいく)」、「go skiing(スキーしに行く)」、「go shopping(買い物に行く)」、「go traveling(旅行する)」など「go ~ing」の形の言い方はすべて「take 人 ~ing」にできます。たとえば「Take me skiing.(私をスキーに連れて行って)」、「I took her shopping.(彼女を買い物に連れて行った)」、「Take me traveling.(旅行に連れて行って)」など。
最近、仕事にやられてる。
まず「最近よくすること」、「最近続いてること」は「have been ~ing」で言います。たとえば「I’ve been eating out.(最近、外食が多い)」、「He has been calling.(最近、彼がよく電話してくる)」など。「kick 人’s ass」は「お尻を蹴る」という直訳ですが、「人をやっつける」という意味です。暴力の話でなくてもスポーツなどでは「ボロ勝ちする」という意味で「I kicked his ass.(私がボロ勝ちした)」、「He kicked my ass.(彼がボロ勝ちした)」など。今回のフレーズは「最近、仕事にやっつけられてる」という直訳で、「仕事が大変すぎて参ってる」という意味のよく使う決まり文句です。
言いたいことがある。
「have 名詞 to 動詞」という形はよく使います。「しなきゃいけない~がある」、「したい~がある」という意味です。たとえば「I have work to do.(やらなきゃいけない仕事がある)」、「I have somewhere to be.(行かなきゃいけない所がある)」、「I have a family to feed.(養わなきゃいけない家族がいる)」など。
着ていく洋服がない。
「have 名詞 to 動詞」という形はよく使います。「have nothing to 動詞」だと「する~がない」という意味です。たとえば「I have nothing to do.(何もすることがない)」、「I have nothing to say.(話すことは何もない)」、「I have nowhere to stay.(泊まるところがない)」、「I have nobody to go with.(一緒に行く人がいない)」など。
甘いものを控えています。
「cut down on」は「控える」、「量を減らす」という意味です。たとえば、タバコを勧められて「I'm trying to cut down.(今本数を減らそうとしているから)」と断ったりとか。他にも「I'm cutting down on alcohol.(お酒を控えようとしている)」、「You need to cut down on the money you spend.(出費を減らさないとダメだよ)」など。
ページTOP