HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
誰か、もう一軒行きませんか?
「be up for 名詞」は「~する元気がある」という意味です。「up for」の後は名詞でも動詞のingでもOKです。例えば「I'm up for drinking tonight.(今日は呑むぞ)」、「I'm not up for going out tonight.(今日は出かける元気がない)」、「Are you up for more beer?(ビールまだ飲める?)」など。話している相手が1人なら「Are you up for ~?」と言いますが、大勢いるときに「~したい人はいる?」などの文章は主語を「anyone」にします。例えば「Is anyone cold?(寒い人いる?)」、「Is anyone hungry?(お腹空いている人いる?)」、「Does anyone have a pen?(誰か、ペン持っている?)」、「Did anyone see that?(誰か、それを見た?)」など。
お腹がいっぱいで苦しい。
「お腹がいっぱい」は「I'm full.」です。「I'm stuffed.」はもっと「もう限界」、「いっぱいで苦しい」ともっと強い言い方です。今日はそういう「大げさ」な言い方を覚えましょう。例えば「I'm hungry.(お腹が空いた)」、「I'm starving.(ペコペコで死にそう)」、「It's hot.(暑い)」、「It's boiling.(沸騰してる=超暑い)」、「It's cold.(寒い)」、「It's freezing.(凍っている=超寒い)」など。
ライター要る?
「Do you need a light?」の省略です。このように「Do you」を省略することが多いです。動詞を使うときは「need to」、「want to」などを使いますが、名詞の場合は「need」、「want」に名詞を付けるだけなので簡単です。例えば「Want a massage?(肩をもんであげようか?)」、「Need a hand?(手を貸そうか?)」、「Give me a massage.(肩をもんで)」、「Give me a hand.(手を貸して)」など。
ガンになっちゃうよ。
こうやって喫煙者をいじめる人もいます。「Cancer」は「ガン」という名詞です。ほとんどの名詞の場合は「have」が状態を表して「get」が変化を表します。例えば「I have Cancer.(ガンです)[状態]」、「You're gonna get Cancer.(ガンになるよ)[変化]」、「I have a girlfriend.(彼女がいる)[状態]」、「I got a girlfriend.(彼女ができた)[変化]」、「I have a cold.(風邪です)[状態]」、「Don't get a cold.(風邪をひかないで)[変化]」、「Do you have a hangover?(今二日酔いですか?)[状態]」、「Do you get hangovers?(二日酔いになったりする?)[変化]」など。
この酒は強いね。
度数の高いお酒を「strong」、度数の弱いお酒を「weak」と言います。「私はお酒が弱い(I get drunk easily.)」と言うつもりで「I am weak alcohol.(私は度数の弱いお酒です)」と間違って言っている人が多いです。「stuff」はすごく漠然とした言い方で、物事なら大体何でも表せます。例えば「Go get your stuff.(荷物とってきて)」、「I have stuff to do.(やらなきゃいけないことがある)」、「What's that stuff?(何だ、あれは?)」など。「This drink is strong.」より「This stuff is strong.」と言う方が自然で若干かっこいい感じです。
我々が払います。
「~のオゴリだ」は「It's on ~」と言います。例えば「It's on me.(私のオゴリだ)」、「It's on you.(あなたのオゴリだ)」など。会社を代表する場合は「us(私たち)」を使います。「It's on the house.」は特別な言い方で「店のオゴリ」、「サービスです」という意味です。「It's my treat.」もたまに使いますが、「It's on me.」や「I'm buying.」と言う方が一般的で自然です。
そろそろ行かないと。
直訳して「~をする時間だ」という言い方です。「It's time」のあとは「to 動詞」もしくは「for 名詞」が続きます。例えば「It's time to get up.(そろそろ起きないと)」、「It's time to go to bed.(もう寝る時間だ)」、「It's time for dinner.(夕飯の時間だ)」など。「It's time for 人 to 動詞」という形にもなります。例えば「It's time for him to get up.(そろそろ彼が起きないと)」、「It's time for us to talk.(私たちがそろそろ話し合わなきゃ)」など。
終電逃がしたくない。
「miss」は「恋しい」という意味もありますが「~し損ねる」、「逃す」という意味もあります。例えば「You missed your chance.(チャンスを逃したな)」、「You missed a good party.(いいパーティーだったから君も来ればよかったのに)」、「I missed the meeting.(会議に出損ねた)」など。「miss the train(電車に乗り遅れる)」に「last」を入れると「miss the last train(終電を逃す)という意味になります。
すごく楽しかった。
「I had a good time.(楽しかった)」はよく使うフレーズです。しかもたくさん応用ができます。「good」を他の形容詞に置き換えたり、「time」を「day/week/weekend」などに置き換えたりします。例えば「I had a bad day.(嫌な1日だった)」、「I had a relaxing weekend.(のんびりした週末だった)」、「I had a busy week.(忙しい一週間だった)」、「The Giants had a good year.(今年の巨人は調子よかった)」、「Have a nice weekend.(よい週末を)」など。
ご馳走様でした。
「Thanks/Thank you」を知らない人はいないと思いますが、その使い方を知らない人は意外と多いです。「Thank you for 名詞」という形で文章にします。例えば「Thank you for the advice.(アドバイスありがとう)」、「Thanks for the present.(お土産ありがとう)」など。更に「名詞」の代わりに「動詞のing」を置き換えることもできます。例えば「Thanks for coming.(来てくれてありがとう)」、「Thank you for inviting me.(誘ってくれてありがとう)」など。注意:「Thank you for your coming」は間違いです。「your」は入れません。更に「not」を入れることも出来ます。例えば「Thank you for not telling him.(彼に言わないでくれてありがとう)」、「Thank you for not smoking.(おタバコはご遠慮ください)」など。
ページTOP