HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
新人です。
「新人」は正式には「new employee」ですが、「I'm a new employee here.」とは言いません。簡単に「I'm new.」や「He's new.」と言います。「here」はあってもなくても大丈夫です。見たことない顔を会社で見かけたときも「Are you new?」など。
頭がぼーっとする。
「頭がぼーっとする」は「I'm out of it.」、「I feel out of it.」、又は「I'm spaced out.」、「I feel spaced out.」と言います。「out of it」と「spaced out」はどちらも「心ここにあらず」というようなニュアンスですね。風邪の症状として言うことも多いですし、寝起きが悪いときや疲れているときなども使います。
息をつかせてください。
「breathe(呼吸する)」は動詞ですが、「breath(息)」は名詞です。「breathe(動詞)」は「ブリーズ」、「breath(名詞)」は「ブレス」という発音です。たとえば「Breathe in.(息を吸って)」、「Breathe out.(息を吐いて)」、「Take a deep breath.(深呼吸して)」、「I'm out of breath.(息切れ)」など。「catch my breath」は「息をつく」で「Let me」は「~させてください」という意味です。
先に行ってて、追いつくから。
「Go ahead(先に行ってて)」は命令文です。命令文は動詞の原型から始まります。普段は「You」は付かないが、この場合は「あなたが~、私は~」と比較している感じなので「you」が付いてます。「catch up」は「追いつく」という意味です。たとえば「Catch up!(追いついて)」など。
サーフィンできる?
日本語では「サーフィン」と動詞のing形になってますが、元々は「surf」という動詞です。「サーフィンする」は大体「go surfing」と言います。たとえば「I go surfing every Saturday.(毎週土曜日はサーフィンしてる)」、「I'm gonna go surfing tomorrow.(明日サーフィンする)」など。でも、「できる・できない」という話なら「go surfing」ではなくて「surf」を使います。「Can you go surfing?(サーフィンに行くことはできる?)」なら「サーフィンに行く時間はある?」というような意味ですが、「サーフィンはできる?(能力はある?)」なら「Can you surf?」としか言いません。「I can surf.(サーフィンできるよ)」、「I can’t surf.(サーフィンはできない)」も同じです。
今それを言おうと思ってた。
「今から~するところだ」は「I'm about to+動詞」と言います。たとえば「I'm about to go out.(今から出かけるところです)」、「I'm about to have dinner.(今から夕飯を食べるところ)」など。「~するところだった」なら「I was about to+動詞」と言います。たとえば「I was about to call you.(今君に電話するとこだった)」、「I was about to go home.(帰るところだった)」など。
彼女は裏表がある。
「two-faced」は形容詞です。直訳は「2つの顔を持っている」ですが、「裏表がある」、「八方美人」という意味で使います。他にも「She’s fake.(偽物=心がこもってない優しさなど)」、「She was talking about you behind your back.(君の陰口を言ってたよ)」、「She stabbed me in the back.(私の背中を刺した=私を裏切った)」も覚えておきましょう。
私たちは今倦怠期。
カップルの「倦怠期」は「go through a rough patch」という決まり文句を使います。たとえば「Everyone goes through a rough patch.(誰だって倦怠期はある)」など。「a rough patch」を直訳すると「ギクシャクした時期」です。「go through」は「通る」という意味ですが、「嫌な思いをする」、「苦労する」という意味でもよく使います。たとえば「I went through a lot.(色々苦労してきた)」、「I don't wanna go through that again.(あんな思いは2度としたくない)」など。
ボタンを掛け違えている。
「ボタンをとめる」は「button up」と言います。たとえば「Button up your shirt.(シャツのボタンをとめなさい)」など。「You're buttoned up.」は受動態ですが、「ボタンをとめられている状態」を表しています。「wrong(間違っている)」という形容詞を最後につけると「間違ってとめられている」とい意味になります。他にも「You're doing it wrong.(やり方が間違ってるよ)」など。
イメチェンしたい。
「イメージチェンジ」は和製英語です。英語では「a makeover」と言います。女性誌でもよく見る単語です。そして、基本的には女性しか言いません。「makeup(化粧)」とは関係なく、服装や髪型も全部含まれます。「a makeover」は名詞なので「I need」にそのままつづけるだけです。他にも「Did you get a makeover?(イメチェンした?)」など。「I wanna change my image.」という言い方もあり得ます。
ページTOP