HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
世の中には男(女)なんていっぱいいるよ。
直訳は「海には魚がいっぱいいるよ」ですが、「男(女)はいっぱいいるから元気出して」と失恋した人を慰めるときに使う決まり文句です。「There is」は「~がいる」という意味です。「plenty of ~」は「たくさん」、「十分」という意味です。たとえば「We have plenty of time.(時間は十分にある)」など。
それをもっと早く言ってよ!
「それをもっと早く言ってよ」のように、日本語の場合は過去のことに対して命令文が使えます。時制にうるさい英語の場合は命令文は「これから」のことにしか使えません。過去に対しての日本語の「~してよ」の言い方は、英語では「could've」を使います。「could've」は「~ができたのに」、「~ができたはずだ」という意味で、実際はやってないことを表します。たとえば「You could've called me!(電話ぐらいしてよ!)」、「You could've invited me!(私も誘ってよ)」など。
女運がない。
「I have no luck.」は文字通り「運がない」という意味の文です。英語では文の最後に色々付け加える便利な応用法があります。文の最後に形容詞をそのまま付け加えます。名詞は「with」で付け加えます。動詞は「ing」形で付け加えます。この文の場合は「women」が名詞なので「with women」。他の例文といえば「I have no luck with the weather.(いつも天気に恵まれない〈雨女です〉)」、「I'm having no luck getting a job.(就職活動しているけどうまくいってない)」ねど。いつものことなら「I have no luck」と現在形。一時的なことなら「I'm having no luck」と進行形を使います。
そういうこともあるさ。
とてもシンプルな文ですが、これが言える日本人は少ないです。「happen」は「起こる」という動詞ですが、今回のポイントは現在形で言うことです。現在形は「普段のこと」、「一般的なこと」、「習慣」を表します。現在形にするだけで「普段から起きたりする」という意味になります。もちろん文法の理屈だけでなく「It happens.」は「そういうことはよくあるよ」、「あるある」という意味の決まり文句で、人を慰めるときにもよく使います。
その話に触れないで。
「Don't go there.」はもちろん「そこには行かないで」という意味にもなりますが「その話題に触れないで」という決まり文句としても使います。たとえば、仕事がうまくいってないときに「How's work?(仕事はどうなの?)」と聞かれて「Don't go there.(その話はやめよう)」と答えるとか。
彼女が誘っている目で僕を見た。
「give 人 the eye」は「やらしい目で人を見る」、「目で誘う」という意味です。たとえば「He gave me the eye.(やらしい目で見られた)」、「I gave him the eye.(興味があることを目で示した)」など。
もっと男らしくしなさい。
「man」は通常名詞ですが、「man up」という動詞もあります。「いつまでもクヨクヨするな」、「男らしく責任をとりなさい」、「男なら勇気を出して」、「逃げ腰になるな」、「困難に立ち向かえ」などの表現を英語で言うなら「Man up!」を使いましょう。「Woman up」という言い方はないです。
そんな悲しそうな顔をしないで。
日本語を直訳して「Don't do such a sad face.」と言っても通じません。直訳はやっぱり変です。たとえば「Don't look so sad.」は英語では当たり前の言い方ですが直訳したら「悲しくみえないで」という変な日本語になります。英語では「look(見える)」に形容詞をそのままつづけます。他にも「Don't look so worried.(そんな心配そうな顔をしないで)」、「Don't look so surprised.(そんなびっくりした顔しないで)」など。「so(そんなに)」はあってもなくても大丈夫です。
朝は苦手。
直訳は「朝型の人間じゃない」ですがこれも決まり文句です。逆に「目覚めがいい」は「I'm a morning person.」と言います。「I'm a night person.(夜型の人間)」という言い方もありますが、「I'm a night owl.」という言い方の方が一般的です。「フクロウ(owl)」は夜行性の鳥であることから生まれた言い方です。
あんまり寝てない。
「get ~ sleep(睡眠をとる)」という決まった言い方があります。「get」と「sleep」の間には必ず何かを入れます。たとえば「I got lots of sleep.(いっぱい寝た)」、「I got 8 hours sleep.(8時間寝た)」、「I only got 3 hours sleep.(3時間しか寝てない)」、「I didn't get any sleep.(一睡もしてない)」、「Get some sleep.(睡眠をとりなさい)」など。
ページTOP