HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
それを誇りに思った方がいいよ。
「be proud of ~」は「~を誇りに思う」という意味です。つづくのは名詞か動名詞(動詞のing)です。たとえば「I’m proud of you.(君を誇りに思う)」、「I’m proud of getting into Todai.(東大に受かったことを誇りに思っている)」、「I’m proud of my son getting into Todai.(息子が東大に受かったことを誇りに思っている)」など。今回のフレーズも動名詞もつづけられますが、簡単に「yourself」で済ませることが多いです。
傷跡が残りそうだね。
「傷跡」を「scar(名詞)」といいます。たとえば「I have a scar on my chin.(顎に傷跡がある)」、「Harry Potter has a scar on his forehead.(Harry Potterはおでこに傷跡がある)」など。そして「傷跡が残る」なら「scar」を動詞として使います。たとえば「It didn’t scar.(傷跡は残らなかった)」、「I hope it doesn’t scar.(傷跡が残らないといいな)」など。
おかげでいい1日になったよ。
嬉しい出来事やいい知らせがあったときによく使う言い方です。その出来事や知らせで一日中いい気分になったか、もしくはなりそうだという意味を表しています。更に強調したい場合は「It made my week.(そのことが今週をいい1週間にしてくれた)」、「It made my year.(そのことが今年を1年にしてくれた)」など。クリント・イーストウッドのダーティハリーの「Go ahead, make my day.」という名台詞があります。犯人が撃ってこなければ自分からは撃ち殺せない立場で、犯人が拳銃を抜こうとしてダーティハリーが言うのですが、「どうぞ、撃ってみろ。お前を撃ち殺せるチャンスをくれればいい一日になりそうだ」というような意味です。
ヤドリギの近くで待っているから。
今回はクリスマス、そしてロマンスをテーマにしました。西洋では、ヤドリギ(植物)の下にいるならキスが許されるという古い風習があります。普段はダメでも、そして付き合っている相手ではなくても、ヤドリギの下に立っていればキスをしてもOKなのです!クリスマスパーティーではドアの枠などにヤドリギが飾ってあって、「そこで待っているから」=「キスをしに来て」と告白の言葉になります。イギリスやアメリカの映画ではこのような場面はけっこう出てきます。発音は「ミスルトウ」です。いい思いをしようと思ってヤドリギを持ち歩いているヤカラもたまにいます。
持ち寄りパーティーをしました。
クリスマスは基本的には家族と過ごしますが、友達とクリスマスパーティーをする人も多いです。友達とするクリスマスパーティーは大体「potluck party(持ち寄りパーティー)」です。たとえば「It’s potluck so please bring some food.(持ち寄りパーティーなので何か食べ物を持って来てください)」など。
洗濯日和だね。
「It’s ~ weather.」は「~日和だ」という英語の表現です。「weather(天気)」の前に名詞を入れます。たとえば「It’s beach weather.(海日和)」、「It’s barbecue weather.(バーベキュー日和)」、「It’s park weather.(公園日和)」、「It’s fishing weather.(釣り日和)」など。更に、服装を置き換えて「~に相応しい天気」という言い方もできます。たとえば「It’s t-shirt weather.(T-シャツで大丈夫な天気)」、「It’s jacket weather.(ジャケットが要る天気)」など。
しっかりしなさい。
「grip」は「握力」、「握る」というような意味です。「Get a grip!」は「しっかりしなさい!」という意味の決まり文句です。または、焦っている人に「冷静になりなさい」という使い方もあります。自分が焦っているときも、自分に「Get a grip.」と独り言で言うことも多いです。同じ意味で「Get it together.」、「Pull yourself together.」という言い方もあります。
よいお年を。
新年まではもう会わなさそうな人に言う、年末の挨拶です。「Have a nice day.(よい一日を)」、「Have a good weekend.(よい週末を)」と同じ「Have a + 形容詞 + 時」という言い方です。クリスマスよりも前に言うなら「Have a merry Christmas and a happy new year.(よいクリスマスとよいお年を)」と合わせていいます。年が明けてから言う「明けましておめでとうございます」は「Happy new year.」といいます。「Happy birthday.」、「Merry Christmas.」と同じように「A」は付けません。「A happy new year」は間違いなので気をつけましょう。
2013年があなたにとっていい1年になりますように。
英語で「今年もよろしくお願いします。」とはいいませんが、今回のフレーズは定番の新年の挨拶です。「for」でも「in」でもどちらでもよく使います。また、応用として、「you」を「you and your family」に置き換えて「Wishing you and your family all the best for 2013.」や、「2013」を「the new year」に置き換えて「Wishing you all the best in the new year.」や、「Wishing」を省略して「All the best for 2013!」など。
日本語吹き替えです。
「ダビング」でお馴染みの「dub(動詞)」が受動態の「be +過去分詞」という形になっています。「~語吹き替え」は「It’s dubbed in ~」といいます。他にも「I watched it dubbed in Japanese.(日本語吹き替えで観た)」など。字幕の場合は言い方が2つあります。同じ受動態の言い方で「It’s subtitled in Japanese.(日本語字幕がついている)」、「I watched it subtitled in Japanese.(日本語字幕版を観た)」など。もしくは、名詞の「subtitles」を使った言い方もあります。たとえば「It has Japanese subtitles.(日本語字幕がついている)」、「I watched it with Japanese subtitles.(日本語字幕で観た)」など。
ページTOP