HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
お客さんの所に言ってきます。
まず、「customer」と「client」の違いを説明しましょう。「customer」は物を買うお客さん、「client」はサービスを買うお客さんです。例えば自動車メーカーのお客さんは「customer」、弁護士や広告代理店のお客さんは「client」です。そしてこの「go see」のところも見てみましょう。本来、動詞の原型が2つ並んでいるのはあり得ないことですが、「go」と「see」の間には本当は「and」が入るが省略されることが多いです。「go (and) 動詞」は「~をしに行く」、「~してくる」という意味です。例えば「I'm gonna go have lunch.(ランチ食べてきます)」、「Can you go buy some milk?(牛乳買ってきてくれる?)」など。「see」は「会う」という意味でよく使います。
スミスさんとお会いしたいのですが。
会社を訪問するときの決まり文句です。ここでも「see」は「会う」という意味で使われています。「I'm here to ~」は「~をしに来た」という形です。例えば「I'm here to help.(手伝いにきた)」、「I'm here to pick up the contract.(契約書を取りにきました)」など。逆にに「~をしに来たんじゃない」は「I'm not here to ~」と言います。例えば「I'm not here to argue.(喧嘩をしにきたんじゃない)」、「I'm not here to lecture you.(説教しにきたんじゃない)」など。
お名前を頂いていいですか?
名前を聞くときの丁寧な言い方です。名前でなくても「~を頂けますか?」は「Could I have ~?」と言います。例えば「Could I have a beer, please?(ビールを頂けますか?)」、「Could I have your autograph?(サインください)」など。「autograph」は有名人などのサインのことで、書類のサインは「signature」と言います。
NEKの田中浩二と申します。
自己紹介するときは「My name is ~」よりも「I'm ~」が自然です。そして自分の会社など、代表しているものは「from ~」を付けます。例えば「I'm Nic from Genie.(GENIE英会話のNicです)」など。
お待ちかねです。
「expect」は「期待する」、「予想する」という意味もありますが、「誰かが来るの待っている」というような意味で使うことも多いです。例えば「I'm expecting someone.(今から人が来ます[誰かを待っている])」など。「He's expecting you.(彼があなたを待っている)」と受付の人が言うこともあれば、「He's expecting me.(彼は私が来ることを知っている[ちゃんと約束してある])」と自分から言うこともあります。「I'm expecting.」という文章はなんと「妊婦です」という意味ですが、これも「誰か(赤ちゃん)が来るのを待っている」イメージです。日本でも電車などの優先席のところに英語で「expecting mothers(妊婦)」と書いてあったりもします。チェックしてみましょう。
今日はどんなご用件でしょうか?
これは訪問を受ける側の決まり文句です。直訳は「私があなたのために何ができるでしょう?」ですが意味は「今日はどんなご用件なのでしょう?」です。同じ「can I」で「How can I help you?」という言い方もあります。
雑誌で宣伝する気はありません。
「be interested in +名詞」は「~に興味がある」、「~する気がある」という言い方です。例えば「I'm interested in sports.(スポーツに今日がある)」、「I'm interested in your idea.(君の案に興味がある)」など。名詞の代わりに動詞のingを置き換えることもできます。例えば「I'm interested in hearing your ideas.(君のアイデアを聞きたい)」、「I'm not interested in going.(行く気はない)」など。「advertise(宣伝する)」は動詞なのでingになっています。
パンフレットを置いていきます。
英語で「pamphlet」というと1、2枚のちょっとした物になります。営業マンが使うようなもっと本格的なパンフレットは「brochure(ブローシャ)」と言います。ちなみにチラシは「flyer」と言います。「leave」は「残す」、「置いていく」という意味です。例えば「I left my umbrella on the train.(電車の中に傘を忘れた)」、「I left my wallet at work.(会社に財布を忘れた)」など。間違えて「置いてきちゃった」時だけでなく、営業マンなどが書類やパンフレットを訪問した会社にあげるときにも使います。
お邪魔しました。
会社訪問して帰るときの「お邪魔しました」は英語では「Thank you for your time.(お時間ありがとうございました)」と言います。「Thank you」を知っている人は多いかと思いますがその使い方もとっても大切です。「Thank you for +名詞」という形で使います。名詞の変わりに動詞のing(動名詞)でもOKです。例えば「Thank you for dinner.(ご馳走様でした)」、「Thanks for the advice.(アドバイスをありがとう)」、「Thank you for coming.(来てくれてありがとう)」、「Thanks for inviting me.(誘ってくれてありがとう)」など。動詞の前にnotを入れて「~しないでくれてありがとう」も言えます。例えば「Thanks for not telling him.(彼に言わないでくれてありがとう)」、「Thank you for not smoking.(タバコを吸わないでくれてありがとう)」など。
お昼は食べた?
今日は「Did you have lunch?(過去形)」と「Have you had lunch?(完了形)」の違いを説明します。過去形は「もう終わったこと」、完了形は「まだ続いていること」を表します。例えば「I lived in Tokyo for 5 years.(5年間東京に住んでいた[もう住んでない])」、「I've lived in Tokyo for 5 years.(5年間東京に住んでいます[まだ住んでいる])」など。この違いはまだ分かりやすいのですがもっと微妙な使い分けもあります。過去形は「もう可能性がない」、完了形は「まだ可能性がある」を表します。例えば13時ごろに「お昼食べた?」と聞くときは、もし食べてなければ今らでも食べられるので「Have you had lunch?」とまだ可能性がることを表す完了形を使います。17時ごろに聞くときは、もうランチを食べる時間がもう過ぎたので「Did you have lunch?」ともう可能性がないことを表す過去形を使います。
ページTOP