HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
明日は予定があります。
「plan」という単語には「戦略」、「企画」、「予定」といろんな意味がありますが、「予定」という意味の場合は、必ず「plans」と複数形です。予定は1つしかなくても、必ず「plans」と複数形で言います。「I have a plan.」だと「企画・戦略がある」と別の意味ですね。他にも「Do you have plans tomorrow?(明日は予定ある?)」、「I don’t have plans.(予定はないよ)」など。
提案したいことがあります。
「I'd like to ~」は「I want to ~(~したい)」の丁寧な言い方で、ビジネスなどでよく使われます。たとえば「I'd like to talk about the details.(詳細についてお話したいのですが)」、「We'd like to import your product.(御社の製品を輸入したいのですが)」など。「propose」は「求婚する」という意味ありますが、元々は「提案する」という意味です。たとえば「I propose we increase our advertising budget.(広告費の増加を提案します)」、「What do you propose?(どんな提案がありますか?)」など。
まだまだ学ぶことがいっぱいあるな。
「have 名詞 to 動詞」は本当によく使う文型です。たとえば「I have work to do.(やらなきゃいけない仕事がある)」、「I have a family to feed.(養わなきゃいけない家族がいる)」、「I have something to say.(言いたいことがある)」など。名詞の所を「a lot」や「so much」にすると「~することがたくさんある」という意味になります。たとえば「I have so much to do.(やることがいっぱいある)」、「I have a lot to think about.(考えることがいっぱいある)」など。「still」は「まだ」ですね。
彼女は成績がいい。
「成績」は「grades」と言います。たとえば「My grades are good.(成績がいい)」、「His grades are bad.(成績が悪い)」、「Her grades are falling.(成績が落ちつつある)」など。そして「get ~ grades」という表現が多いです。たとえば「I got good grades in high school.(高校の頃、成績がよかった)」、「He’s been getting bad grades.(最近、成績が悪い)」、「You used to get good grades.(以前は成績がよかったのに)」など。
東大に受かった!
「テストに受かる」は「pass the test」ですが「学校に受かる」は「get into ~」と言います。たとえば「I passed the paper test.(筆記試験に受かった)」、「I got into a good school.(いい学校に受かった)」など。「I passed Tokyo University.」だと「東大の前を通り過ぎた」という意味にしかならないです。他にも「I hope I get into a good college.(いい大学に受かったらいいな)」、「I didn’t get into my first choice of schools.(第一志望校には受からなかった)」など。
スポーツはあんまり興味ない。
「~にはまっている」、「~に興味がある」は「be into」を使います。たとえば「I'm into jazz.(ジャズにはまっている)」、「She's really into you.(あの子は君のことがすごい好きだよ)」、「What are you into?(趣味は何ですか?)」など。このように「into」には名詞が続きますが、動詞ならingの形(動名詞)になります。たとえば「I'm into cooking.(料理にはまっている)」、「I'm into making clothes.(洋服づくりにはまっている)」、「I'm not into clubbing.(クラブに行くのが好きじゃない)」など。
最近、料理にハマり出した。
「~にはまっている」、「~が好きだ」は「be into ~」を使います。たとえば「I’m into cooking.(料理にはまっている)」など。「be into」が「はまっている」、「好きだ」という意味なら「get into」は「はまる」、「好きになる」と変化を表します。英語ではbeは「状態」を表して「get」は「変化」を表します。たとえば「I can't get into opera.(オペラが好きになれない)」、「I'm getting into late night TV.(深夜テレビにはまり出した)」など。そして「have been ~ing」で「最近よく」、「最近ずっと」を表します。たとえば「I’ve been eating out.(最近よく外食する)」、「I’ve been wanting to see you.(最近ずっと君に会いたかった)」など。
そういうのを控えようとしている。
お酒やお菓子などを勧められて断るときによく使います。「I'm trying to ~」は「~をしようとしている」、「~するように努力している」という意味です。たとえば「I'm trying to save money.(節約しようとしている)」、「I'm trying to lose weight.(痩せようとしている)」など。「cut down」は「減らす」、「控える」という意味です。たとえば「I'm trying to cut down on sweets.(甘いものを控えようとしている)」、「I'm trying to cut down on how much I drink.(飲む量を減らそうとしている)」など。
日食見た?
「日食」は「solar eclipse」、「月食」は「lunar eclipse」と言います。「solar」、「lunar」を省略して「Did you see the eclipse?」でも大丈夫です。ちなみに「a total eclipse」が「皆既日食」で「a partial eclipse」が「部分日食」です。合わせて「a total solar eclipse(皆既日食)」や「a partial lunar eclipse(部分月食)」になります。
君だと分らなかったよ。
「recognize」はよく「気付く」と訳されますが、本当は「見分けが付く」という意味です。「notice(気付く)」とは違います。たとえば「I didn't notice you.(そこに人がいることに気付かなかった)」、「I didn't recognize you.(〈人がいることに気付いたけど〉君だと分らなかった)」など。たとえば髪型が変わったからとか、そういうときによく使います。
ページTOP