• 英会話教室
  • 企業向け英会話レッスン
  • 大好評!1日1フレーズ配信無料メルマガ
  • 書籍教材紹介

englishLifeメソッドの魅力・他のスクールや教材との違い

400本以上の映画やドラマの台本に基づいた本当の英語

多くの英会話スクールや教材は「自然な英語」や「生きた英語」とうたっていますが、それは残念ながら大抵の場合、キャッチコピーに過ぎません。 スクールに関して言うと、ネイティブスピーカーと何となく英語で話すだけの授業のことであったり、 …

→詳しくはこちら

日本語をゼロから完璧にマスターした講師

特に初心者・中級者であれば、バイリンガルの講師をおすすめします。英語自体がまだわからない初心者時代に、その英語の説明を英語でされては、もっと分からないのも当然です。分からないことを日本語で説明してもらえれば瞬時に理解できることが …

→詳しくはこちら

脳の言語を憶えるメカニズムに沿った勉強方法

englishLifeのカリキュラム・勉強法を開発したNic Williamsonは大学で認知心理学・神経心理学を勉強して、言語を憶えるメカニズム、脳がどのように学習するかを勉強していました。そこで学んだことをenglishLifeのメソッドに取り入れて …

→詳しくはこちら

最新1フレーズ英会話

2016-09-24
もっとつめて。(写真を撮るとき)「squeeze」は元々「絞る」、「握る・つかむ」という意味です。たとえば「Squeeze the lemons.(レモンを絞る)」、「He squeezed my hand.(彼は私の手を握った)など。そして、大勢で写真を撮るときに「もっとつめて」という意味で「Squeeze in.」、「Everybody squeeze in.」と言います。
2016-09-24
明日買い物に行くよ。「買い物に行く」は「go shopping」と言います。そして、英語ではすでに決まっている未来のことを進行形で表すので「I'm going shopping」になります。「ingが2つ続いてもいいの?」とよく聞かれますが全く問題ないです。英語では当たり前のことです。どんな未来でも「be going to(短縮して「be gonna)」は可能なので「I'm gonna go shopping tomorrow.」も正解です。既に決まっている未来のこと、既にたっている予定に対して「will」は使わないで「I will go shopping tomorrow.」とは言わないです。「will」は「決まってない未来(~するでしょう)」又は「今決めた未来のこと(じゃ~するよ)」なら使います。「じゃ明日買い物に行く」とその場で決めたなら「I'll go shopping tomorrow.」も可能です。
2016-09-24
首を突っ込まないで。よく使う表現です。「stay out」を直訳すると「外にいるままでいて」つまり「入ってこないで」という意味ですね。「Stay out of it.」は「この件には入ってこないでね」のような直訳ですね。他にも「Stay out of my personal life.(私のプライベートに首を突っ込まないで)」、「I think I’m gonna stay out of this one.(この件には首を突っ込まないでおこうかな)」など。
2016-09-24
気まずい!「awkward〈オークワード〉」は「気まずい」という意味の形容詞です。たとえば「It was awkward.(気まずかった)」、「There was an awkward silence.(気まずい沈黙があった=シーンとなった)」、「Things are awkward between us.(私たちの関係は今ちょっと気まずい)」など。そして、日本語の「気まずっ!」と同じように「Awkward!」と一言だけで言うことも多いです。
2016-09-24
ドン引き!「cringe〈クリンジ〉」は「ドン引きする」という意味の動詞です。「見ていて恥ずかしい」という訳でもいいです。たとえば「I cringe every time I see it.(見る度にドン引きする)」、「Everyone cringed at what he said.(彼の発言に全員ドン引きだった)」など。そして、日本語の「ドン引き!」と同じように「Cringe!」と一言だけで言うこともよくあります。

1フレーズ英会話一覧を見る

イングリッシュライフでは「正しい英語」を身に付けられます。

english Life校長 Nic Williamson

いろいろな英会話学校に通ってみたけれど未だに英語が話せない...と言う方も多いのではないでしょうか。多くの日本人が何年も英語を学んだのに思うように英語が話せないのは「間違った英語」「日本語英語」を覚えてしまった、また学校での教わり方が誤っていたのが原因です。

englishLifeは、「正しい英語」を身に付けるために皆さんの「英語の生活(=english Life)」の一部となって、英会話を上達したい方の少しでもお役に立つことができればと考えています。
 このようなコンセプトのもとに、英語の言い回しを覚え、英語に慣れ親しんで頂くために「正しい英語」を1日1フレーズ配信するメールマガジン、また的確かつ効率的に英会話スキルの向上を応援する英会話レッスンを提供しております。