• 英会話教室
  • 企業向け英会話レッスン
  • 大好評!1日1フレーズ配信無料メルマガ
  • 書籍教材紹介

englishLifeメソッドの魅力・他のスクールや教材との違い

400本以上の映画やドラマの台本に基づいた本当の英語

多くの英会話スクールや教材は「自然な英語」や「生きた英語」とうたっていますが、それは残念ながら大抵の場合、キャッチコピーに過ぎません。 スクールに関して言うと、ネイティブスピーカーと何となく英語で話すだけの授業のことであったり、 …

→詳しくはこちら

日本語をゼロから完璧にマスターした講師

特に初心者・中級者であれば、バイリンガルの講師をおすすめします。英語自体がまだわからない初心者時代に、その英語の説明を英語でされては、もっと分からないのも当然です。分からないことを日本語で説明してもらえれば瞬時に理解できることが …

→詳しくはこちら

脳の言語を憶えるメカニズムに沿った勉強方法

englishLifeのカリキュラム・勉強法を開発したNic Williamsonは大学で認知心理学・神経心理学を勉強して、言語を憶えるメカニズム、脳がどのように学習するかを勉強していました。そこで学んだことをenglishLifeのメソッドに取り入れて …

→詳しくはこちら

最新1フレーズ英会話

2017-01-21
税関を通るのが大変だった。「It was hell.(地獄だった)」は「大変だった」の大げさな言い方です。そして「get through customs」は「税関を通る」という意味です。英語では、文の最後に「動詞のing」を付け足すことができます。たとえば「I'm busy.」に「working」を付け足して「I'm busy working.(働いていて忙しい)、「He came home.」に「crying」を付けて「He came home crying.(彼は泣きながら帰ってきた)」、「I cut my finger.」に「cooking」を付け足して「I cut my finger cooking.(料理をしていたら指を切っちゃった)」など。今回のフレーズは「It was hell.」という文に「getting through customs」と動詞のingを付け足していますね。
2017-01-21
(男女の話で)手が早いね!好きな人ができたらすぐに行動する人、いつの間にデートしている人にこう言います。直訳は「君は時間を一切無駄にしないね」ですが、「手が早い!」の決まり文句ですね。他にも「You move fast!」という言い方もあります。ちなみに「waste ~(~を無駄にする)の他の例文として「Don’t waste water.(水を無駄にしないで)」、「I wasted money.(お金を無駄にした)」、「Don’t waste this chance!(このチャンスを無駄にしないで)」など。
2017-01-21
バズった。SNSでたくさんの人にシェアされて投稿が「バズる」と日本語で言いますが、英語では「go viral」と言います。「viral(ヴァイラル)」は「virus(ヴァイラス)(日本語ではウィルス)」という名詞の形容詞形です。ウィルスのように広まるというイメージです。日本語でも「ヴァイラルマーケティング」などで使う「viral」ですね。たとえば「His post went viral.(彼の投稿がバズった)」、「I hope it goes viral.(バズったらいいな)」など。
2017-01-21
「24」を一気見しちゃった。「binge(ビンジ)」は「暴食する」、「暴飲する」という意味の動詞です。そして「watch」とくっつけて「binge-watch(一気見する)」、「read」とくっつけて「binge-read(一気読みする)」という英語もあります。たとえば「I binge-watched Season 2.(シーズン2を一気見した)」、「I’ve been binge-watching Hulu.(最近Huluを観まくっている)」、「I binge-read Terraformers.(テラフォーマーズを一気読みした)」など。
2017-01-21
冬休みの間、食べ過ぎしゃった。「binge(ビンジ)」は「暴食する」又は「暴飲する」という意味の動詞です。「やけ食い」というニュアンスで使うこともあります。お正月休みで食べ過ぎたことを「I binged over the winter break.」で言いましょう。そして「binge on ~」という使い方もできます。たとえば「I binged on fast food.(ファストフードを暴食した)」、「I binged on ice cream after I broke up.(別れた後アイスをやけ食いした)」など。

1フレーズ英会話一覧を見る

イングリッシュライフでは「正しい英語」を身に付けられます。

english Life校長 Nic Williamson

いろいろな英会話学校に通ってみたけれど未だに英語が話せない...と言う方も多いのではないでしょうか。多くの日本人が何年も英語を学んだのに思うように英語が話せないのは「間違った英語」「日本語英語」を覚えてしまった、また学校での教わり方が誤っていたのが原因です。

englishLifeは、「正しい英語」を身に付けるために皆さんの「英語の生活(=english Life)」の一部となって、英会話を上達したい方の少しでもお役に立つことができればと考えています。
 このようなコンセプトのもとに、英語の言い回しを覚え、英語に慣れ親しんで頂くために「正しい英語」を1日1フレーズ配信するメールマガジン、また的確かつ効率的に英会話スキルの向上を応援する英会話レッスンを提供しております。